「アングリーママ」キム・ヒソン「娘が学校暴力の被害者であれば、点灯しないよ "

キム・ヒソン
キム・ヒソンがママの役割を引き受けた。3月17日、ソウル市麻浦区上岩洞MBC新社屋で行われたMBC新しい水木ドラマ「アングリー好き」(脚本キム蛍/演出チェ・ビョンギル)製作発表会でキム・ヒソンがキャラクターの感情移入現わした。学校暴力に悩まされている娘を持つ母親役を演じたキム・ヒソンは「娘が7歳である。実際に幼稚園にこのようなことがある。暴力が行き来ではないのに知らず知らず...こんな話するのが敏感で鋭敏なのに似たもの同士遊ぶのがあったよ」と語った。彼は「自分のコト同じではなく、私の心だ。私は本当に条強者のように本当らしい。お母さんの心が粗鋼誇り全く同じであると思う。ただ条件にならなくて非現実的な部分がありますが、心ジョー強者心だと思う」と述べた。続いて、 "娘があんなことをしたらジョー強者より足すドヘトジ。数年後に私に起こることができることだと自分のコトではない。粗鋼が制服を着るまでの日が痛快こともだ」と明らかにした。一方、「アングリーママ」は、学校暴力に悩まされている人の娘を守るために再び高校生になるママの話を扱う。学校と社会が解決できなかった問題を「アングリー心」が直接解決する過程が愉快に描かれる予定である。「キルミヒルミ」の後続として18日午後10時初放送される。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク