「リーダー」キ・ソンヨン、欧州組の質問にKリーガー言及した理由は?

キ・ソンヨン
"二人の選手だけでなく、Kリーグから来た選手たちも能力あると思う。既存の選手たちと新しい選手たちができるだけ早く一つになるよう作成することが主将の役割だと思っている。」キ・ソンヨン( 25、スウォンジ·シティ)は、韓国サッカー国家代表チームのリーダーだ。年齢が多くはないが、実力と経験面では、ユニークな存在だ。過去「2015オーストラリアアジアカップ」でも主張を引き受けて大活躍して準優勝に貢献した。スタジアム内外で成熟した姿を見せたため、今回の召集でも主将を取る可能性が高い。24日午後、坡州国家代表トレーニングセンターで開かれた公式記者会見でもキ・ソンヨンの思慮深い姿を発見することができた。彼は「チ・ドンウォンとキム・ボギョンが久しぶりに代表チームに来たが、どのように助けを与えるのだろうか」という取材陣の質問に「新しい選手が入ってきた。この選手たちとすぐに呼吸を合わせることが重要である。二人の選手だけでなく、Kリーグでオンの選手たちも力があると思う。既存の選手たちと新しい選手たちができるだけ早く一つになるよう作成することが主将の役割だと考えている」と答えた。キ・ソンヨンはチ・ドンウォン、キム・ボギョンと縁が深い。長い間、代表チームで同じ釜の飯を食べ、ロンドンオリンピックに一緒に出場して銅メダルを獲得した。二人の選手の合流がキ・ソンヨンの立場では、うれしいことができる。しかし、彼は二人の選手の名前を直接参照する代わりに、Kリーガーたちについて話しました。チ・ドンウォン、キム・ボギョンだけでなく、イ・ジェソンやキム・ウンソンのようなKリーグでプレーする選手たちの合流も忘れていないだろう。呼吸を合わせたことがないチームの仲間たちへの配慮として解釈することができる。ウリ・シュティーリケ監督就任まで代表チーム内では欧州組と非ヨーロッパ派の間にズレがあるという噂に苦しめられた。そのため、一言が誤解を生むこともできる。しかし、キ・ソンヨンは慎重だった。アジアカップでリーダーの資格を証明したように、まだ成熟した姿であった。一方、キ・ソンヨンは27日午後8時大田ワールドカップ競技場で開かれるウズベキスタンとの親善試合で必勝を誓った。彼は「知っているアジアカップでウズベキスタン戦は激しかった。90分以内に勝負を出せず、大変だった。ウズベキスタンとの試合は、必ずしも容易ではなかった。今回も適切に準備していなければ、厳しい試合になるだろう。その時は難しかった部分をよく考えてみ何不足していることの分析たい。ホームのファンの前に良いサッカーをするのが目標だ。すっきり勝利するゲームになったら良いだろう」と述べた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する