「変える必要がない "シューティせ、「キ・ソンヨン主将体制」を維持

キ・ソンヨン
韓国サッカー代表チームの主将は、今回もキ・ソンヨン(26、スウォンジー・シティ)である。

韓国サッカー代表チームは27日午後6時大田ワールドカップ競技場でウズベキスタンと評価試合を行う。一日前に行われた公式記者会見に参加したシューティケ監督はキ・ソンヨンが主将腕章を蹴ると予告した。

シューティケ監督は「アジアカップ当時キ・ソンヨンに主将を任せ件その大会のためだけにではなかった。大会や試合の時に主将を変える必要はありません。キ・ソンヨンが怪我や他の理由出場することができない場合は、他の選手に置き換えることができますが、現時点であえて変化を与える理由はない」と述べた。

去る1月行われたアジアカップ当時キ・ソンヨンは、先に韓国の主将腕章を冷たいク・ジャチョルの代わりに主将としてグラウンドを走り回った。

シューティケ監督は「ク・ジャチョルからキ・ソンヨンに主将を変えた理由の一つは、ク・ジャチョルが2014ブラジルW杯後大変な時期を経験したからである。ク・ジャチョルの負担を軽減しようとした。その時、その決定がク・ジャチョル本人にも、元の競技力を回復する上で良い影響を及ぼしたと思う」と満足感を表​​わした。

続いて「事実の主将腕章を誰がつけるかよりも重要なのは、チームにリーダーがあるかないかを見るものである。たまに主将があっても、実質的リーダーがないチームがあることができる」とし「韓国の場合ク・ジャチョル、キ・ソンヨン、グァック・テフィなど実質的なリーダーがある。これらは私の右腕になって監督の決定事項としたいサッカー哲学を、他の選手たちが理解できるように、よく助けてくれる」と付け加えた。

一緒に記者会見に参加したク・ジャチョルは「しばらくの間、私は不振ということを知っている。一人の人間として成長痛を経験したようだ」とし「アジアカップ時の貴重な時間を過ごした。私はどのように良いされたことスタジアムの中で見せる」とプレッシャーをた、自信に満ちた姿を見せた。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク