シューティケー監督がキ・ソンヨン引いた背景と理由は

キ・ソンヨン
ウリ・シュティーリケ代表監督が再び新鮮なラインナップを持って出てきた。キ・ソンヨン(スウォンジ・シティ)がスタメンになく、代わりにキム・ボギョン(ウィガン)がその地位を獲得した。シューティせ監督は27日午後8時大田ワールドカップ競技場で開かれるウズベキスタンとの親善試合にキム・ボギョンと韓国映画(カタールSC)を中盤の組み合わせでエクスポート見通しだ。キム・ボギョンは所属チームで主力争いに困難を経験したの末、冬の移籍市場でウィガンにチームを移し、以降安定した活躍が代表復帰につながった。キム・ボギョン復帰ほど顕著件キ・ソンヨンの除外。キ・ソンヨンは、過去2015年、オーストラリアアジアカップで体力が消耗した4強以後にも絶対的信任を受けた。韓国の中原はキ・ソンヨンのパートナーを誰にするか悩んでいる。キ・ソンヨンの立地は硬い。シューティケ監督がキ・ソンヨンを除く背景には、親善試合2連戦に示した一定のパターンで見つけることができる。シューティケ監督は、昨年10月と11月にもAマッチ2連戦を行ったし、そのたびに「前の試合は、実験、後部試合はレギュラー」でチームを運営した。今回の選抜メンバーにキ・ソンヨンが抜けイ・ジェソン(全北現代)とチョン・ドンホ(蔚山現代)がデビューを受けることも同じ脈絡だ。特に、昨年11月14日に行われ、ヨルダン戦は、今回のウズベキスタン戦と先発が類似している。当時も守備的なミッドフィルダーは韓国映画だけだったし、その前にキム・ミンウ(サガン鳥栖)、チョ・ヨンチョル(カタールSC)、ナム・テヒ(レクウィヤ)などの積極的なミッドフィルダーらが大挙投入された。今回のメンバーでもハン・グニョンに守備の負担が集まる可能性がある。イ・ジェソンとキム・ボギョンが、適切な守備加担と圧迫を見せなければならチームのバランスが合うことができる。キ・ソンヨンを減算する理由は、「プランB」を用意することである。キ・ソンヨンが負傷など各種の理由選出不発される場合に備えなければならない。既存の守備的MF韓国映画を維持したままキム・ボギョン、イ・ジェソンなどミッドフィルダーを消化することができる選手が一緒に先発に名を連ねた。これらの中原掌握力を確認する機会だ。特定の選手に過度に依存するチームは不完全である。韓国はアジアカップ当時キ・ソンヨンを中央だけでなく、側面にまで配置して活用ほど絶大な信頼を送った。今回の評価戦はキ・ソンヨンない韓国がどれだけパスをうまく回して試合を運営することができるか調べる機会となる見込みである。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する