チュ・ジンモ「子供の頃から毎回結婚目指し恋愛た"

チュ・ジンモ キム・サラン
チュ・ジンモ、キム・サラン画報が公開された。
ファッションマガジン「エルは来る5月29日に初放送を控えたJTBCグムトドラマ「愛するウンドン」の主演俳優、キム・サランとチュ・ジンモの画報とインタビューを公開した。
「愛するウンドン」は、20年間一人の女性だけを愛した一人の男の奇跡のような愛の物語で、一人の女性に向けたトップスターのひどく純粋な愛をアナログ感性で溶かし出し歌詞のメロ。 「エル」と今回の写真集で俳優チュ・ジンモとキム・サランは、特別な装置なしただ目つきと雰囲気だけで男女間の妙な導かと懐かしさを表現した。
久しぶりにブラウン管にカムバックするキム・サランは「タイトルから気に入った。最近、このような愛の物語があまりないじゃない。普段にも恋愛映画を楽しんで見る。好きな映画の一つが「チョムミルミル」ですが、偶然今回のドラマの広報車オマージュティーザー映像を撮ることになった」と明らかにした。
また、恋愛と結婚に対する率直な考えも明らかにに、「相手ハンテ好きだと先に述べたこともある。ところが、そのようにしてみたら、やっぱり女性は少し狡猾かつ孤のよう区ほうが良いという考えはしたよ(笑)。独立した性格なので、結婚には急な心がかからない」と話した。
前作ドラマ「奇皇后」とは全く別のダンディーな姿で帰ってきた俳優チュ・ジンモは今回の作品で、本人が持っている明るく自由奔放な姿を見せることができるようだと、「声とルックスのためにタフで男性的なイメージが固められたものだ。知人は私を見て、コメディアンという。実際には、かなり面白い人だ」と笑って伝えた。
また、「私は子供の頃から毎回「この女だ」と結婚を目指し恋愛た。恋に落ちたときは、ただその人だけ見る」と明らかにして劇中の純情」ウノ」の心を十分に理解することができていると付け加えた。年齢とともに一層心の余裕が生じたチュ・ジンモは「望むなら私の名前にちょっと別の色を塗り、たい」は本音も表わした。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する