キ・ソンヨン、「故郷」光州地域の有望株に2000万ウォン寄付

キ・ソンヨン
スウォンジー・シティの「エース」キ・ソンヨン(26)が故郷のチームの応援に続いて重要な貢献にも乗り出した。

キ・ソンヨンは30日、光州ワールドカップ競技場で開かれた光州 - 済州のKリーグクラシック13ラウンドを訪れた。試合開始前に競技場に入場する観客とハイファイブを交わし「スキンシップイベント」を進行したキ・ソンヨンはハーフタイムに直接グラウンドに出た。この席でキ・ソンヨンは広州のために2000万ウォンを寄付した。 1000万ウォンは広州市疎外階層のために使用され、1000万ウォンは広州のユース発展基金をウィハ使われる予定である。

キ・ソンヨンは「ファンとの出会いが重要である。久しぶりにKリーグに来てファンと会って嬉しい」とし「選手として内外で良い姿を見せなければならない。私は広州で生まれ、父が光州の団長でおら広州に特別な心を持っている。継続的に光州の困難な方のために良い仕事を広げたい」と明らかにした。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する