シーズン見て回ったキ・ソンヨン、「ユナイテッド戦ゴール忘れることができないだろう」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(26・スウォンジー・シティ)の最高の瞬間はいつだろうか。

成功したシーズンを終えたキ・ソンヨンが挙げ最高の瞬間は、マンチェスター・ユナイテッドとの開幕戦でゴールを決めた瞬間だった。キ・ソンヨンは26日(韓国時間)スウォンジー・シティ公式ホームページを通じて「ユナイテッドとの開幕戦で決めたゴールは、私のサッカー人生で最高のゴールだった」とし「ルイス半監督の初試合で入れたゴールであり、スウォンジー・シティでは、私記録した最初のゴールでもある。妻(ハン・ヘジン)が見ている試合で入れたゴールだとさらに良かった」と理由を説明した。

キ・ソンヨンは昨年8月23日オールド・トラフォードで行われたシーズン開幕戦ユナイテッドとの試合で先制ゴールを決め、チームの2-1の勝利を導いた。半する監督のリーグデビュー戦だったこの日の試合にキ・ソンヨンが灰を撒いたことになる。その後もキ・ソンヨンはユナイテッド戦で強い姿を見せた。去る2月リバティ・スタジアムで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦でも同点ゴールを決め2-1の逆転勝利の足場を用意した。
「リバティ・スタジアムで決めたゴールは、おそらく忘れられないだろう。私のファン、クラブの両方において素晴らしい瞬間だった、私は引退しても、長い間記憶されるゴールである"と話したキ・ソンヨンはスウォンジー・シティの生活に満足感を表した。チームに残りたいという意思も付け加えた。 「去年の夏スワンジ戻ったとき、私は将来について確信することができなかった」と話し始めを開いキ・ソンヨンは「しかし、ゲイリーモンク監督が私をどのように重要な選手であると考えていることを説明してくれたおかげで、ここに留まってキャリアをイオガうと心に決めた」と伝えた。
自分を信じてくれたモンク監督の信頼性すごかった。キ・ソンヨンは「モンク監督は、チームをよく運営して、私は良い友人であり監督である。彼は私に自信をくれたおかげでグラウンドで(実力を)示すことができる」と話した。また、「チームと4年の契約延長を締結し私を尊重してくれると感じました。チームと監督が私を望んでいるのを知っていたので決定を下すことができた」と付け加えた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する