キ・ソンヨン「SNS文論争、成熟していなかった」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨンSNSたグローによる議論と関連して口を開いた。
10日放送されたSBS「フットボールマガジンゴール」では、代表チームの主将であり、韓国人プレミアリーガーとして活躍中のキ・ソンヨンが代表としてプレーして感じた点を告白した。
キ・ソンヨンはファンたちの愛を一身に受けたと同時に論争の中心にも複数回立った。キ・ソンヨンはSNSに投稿記事などにより、物議と関連して「今考えてみると、その時は、私代表を愛することがこれだと思った。今考えてみると、執着をしていたんじゃないかと思う」と当時を回想した。

続いてキ・ソンヨンは「過去の話だが、監督ともあったが、「これはないように思える」と思ったのとしたのだ」とし「今思うと私は間違った部分が、その当時は精神的に成熟していなかった。そんなことが表出ドゥェダ見るから過度な愛がそう表出されたようだ」と述べた。

またキ・ソンヨンは「該当事件以来、本人が傷つかはなかったのか」という問いに「私は今まで代表のために一生懸命し努力をしたが、人々が逆に考えたとき、心がピョンハジヌンなかった。最も代表で心が痛かったのがブラジルワールドカップ終わっファック洗礼を右が忘れられず衝撃を食べた」と打ち明けた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する