「ソンヨン父→団長」キ・ヨンオク光州発展計画

キ・ソンヨン父
キ・ヨンオク光州FC新任団長は未払いで仕事をする。去る4月に就任以来、給料だけでなく、業務推進費まですべて少年サッカー活動費として出した。故郷球団である光州のために働くという考えだけで未払いを選択した。
キ団長はいつもよどみがない。選手団に必要なことがあれば、光州市側に堂々と要求をする。状況が難しい場合は団長の権限で内部予算を執行してでも選手団を助ける。試合の出身だから、誰よりも選手たちが必要とする要素をよく知っているからである。事情が劣悪なの市道民球団団長職には、サッカーの出身の「専門家」が必要だという主張を、実際の事例に示している。
広州は2011年創立以来、最高の援軍を得ながらKリーグクラシックで良い成果を出している。 15日現在、7勝8分け7敗9位に上がっている。 3位全南ドラゴンズとの勝ち点差5点に過ぎない。期団長の積極的な支援にナム・ギイル監督の洗練されたリーダーシップまで加わって良い評価を受けている。
キ団長は最近「キ・ソンヨン父」よりも「団長」という名前で、より頻繁に呼ばれる。地域社会で忙しく動いて光州球団のために先頭に立っている。キ団長は15日、「フットボールリスト」とのインタビューで、「ソンヨンは今ヘジンの家に奪われた。最近は球団日のために、より忙しく動いている」と笑った。

広州は、これまでのシステムがうまく取れていないチームだった。選手団の競技力より団長や球団オーナーの治績のために、より力を使う構造であった。期団長は、このような部分を少しずつ変えて行っている。球団の主人公は団長とフロントではなく、選手という信念を持って仕事を進めている。彼は「団長は裏助けを与える場所だ。選手団が要求する内容を最大限に速く収容して実行に移すのが団長ができることである。これから出るより徹底的に助演がなければならない。プロチームの主人公は、最終的に選手たちがなければならない」と述べた。

指導者出身の団長である。そしてキ・ソンヨンの父である。明らかに負担があるようだ

「最初に、私は団長に来るとしたときの周辺で「ナム・ギイル監督が疲れを負う」という話をしたよ。私男監督が司祭時間であるため、チームを率いるために不便な点が多いと考えているようだ。だから、より注意する。団長と監督の役割を確実に区別しようとする。南監督の戦術にタッチする行動は絶対にしない。団長は徹底的に助演の役割さえすればよい。結局、監督の要求をよく聞いてくれるのが最高の団長になる道である。」

- 未払いという点に特に感じられる。

「未払いにもそうはならないという方が多かったよ。次に来る団長はどうしろと無報酬であるのかと言っていた...。ところで、この部分も私の考えはしっかりしている。私の息子(キ・ソンヨン)は韓国サッカーのおかげで成長した人々である。韓国サッカー、特に私のような場合には、私の故郷に報いるながら生きなければならない。所信ように仕事をするために未払いを選択した。だからと言ってもしながら働いていないか(笑)。」

ナム・ギイル監督とは長い縁である。

「ナム監督は私錦湖高校サッカー部で教え弟子だ。私尹晶煥(蔚山監督)、コ・ジョンス(水原コーチ)のような技術が良い選手を好むましたが、南監督もその中の一つであった。南監督は高校の時から主観がはっきりした。今する言葉はすべて性格である。一言で言えば個性が強い。それ指導をしながら、積極的に表示されるようだ。選手管理をよくしながら、性的ま​​で出しているので心配はない。 "

- 広州は、これまでの印象的な競技力に比べて選手団とフロントの疎通が不足している球団として知られていた。



「初代監督であるチェマンフイ監督がそれのために苦労をたくさんした。創立当初から理事を務めながら見守ってきた真の切ないのが多かった。団長は父と同じ役割をしなければならない。選手たちを子のように考えなければならない。暮らしが困難でも、少なくとも食べると着ることはちゃんとなければならない。ところが、過去にはそうでなかった。サッカーチームは、予算を選手団を中心に置くと逆に行動した。残念な部分である。今でも選手団中心の球団を作ろうと努力している。 "


団長就任以来、選手獲得にも活路が生じたた。

「光州はいつも選手獲得が少しずつ残念だった。特に外国人選手獲得が残念だった。これまで外国人選手の中で印象深い活躍をした選手が多くなかったようだ。オールシーズン終了後には、ブラジルのほか、様々な国籍の外国人選手を調べようとする。いったん今回獲得した選手2人すべてのブラジル人選手たちだ。南監督が必ず連れて来たいとして、何の条件なしにすぐ許した。別に確認手続きを経ていない。監督が必要であるとすれば間違いなく可能な限り支援するのが私の役割だ。 "

- シーズン半ばに外国人選手を2人も獲得した。シーズン後半に予算が不足していることもあり。

「オールシーズンは広州に反転の機会とすることができる。降格0度であった光州が強豪を相次いで破りではないか。ここでお金を惜しむことなく、より投資して最大限競技力を引き上げなければならない。もちろんゆったり球団ではな​​く、惜しい点がまだ多い。一度予算は広州市と対話を通じて解決したり、他の部分で節約しようとする。選手団が良い競技力を出すのが優先だと判断して獲得を決めた。 "
- 広州は、これまでの選手獲得に消極的だった球団の一つであった。

「プロチームは無条件競技力に見せなければならない。勝利に証明された後に、私たちが必要なものを主張しなければならない。試合をよくしていないのに要求だけするのは正しくない。一度光州市と市民が眺める視線を変える必要がある。最下位面誰も韓国語を聞いてくれない。私選手団をサポートするために努力する理由だ。」

光州がよくしながら、所属選手を狙うチームが多いようだ。

「プロというのが何か。自分を披露しながら、商品価値を高めるところである。球団はそれほど待遇をしてくれればされる。待遇をできずくれれば、他のチームに行くしかない。だから私のような場合には、選手たちにも「ここで頑張って、より良い機会があれば去れ。より高いところがあれば、そこから走るのがプロだ。移籍金だけ合えば誰でも送信あげる。ただし、今この瞬間だけは最善を尽くさなければならない」と話した。ように選手たちが今現在難しいことと思います。活躍に合った待遇をしてくれることができれば、チームに残ってあるだろうが、そうでないほどに成長している場合、チームに保持置くつもりはない。選手たち持って押し引きをしてたくない。それプロだと思う。」

- 光州の競技力に対する肯定的な評価が多い。

「光州試合を見れば、私たちのチームなのではなく、闘魂が感じられる。私の記事のコメントを確認する。ファンの評価もたくさん好きにならなかったか。去る6月、創立以来初めて水原三星を勝った時は本当に嬉しいよ。その場での勝利手当50%をよりのせた。本当に熱心に優れていてくれたらありがたいよ。光州ではなく、木浦からかかり歳をすること申し訳ありませんのに、今季良い試合をたくさん見せてありがとう。」
- 今のクラブハウスの建設を考えなければならないか。

"ユニバーシアード大会のために、一度オールシーズンは木浦からやっていく。ところが、来年になれば光州に戻ってきている。昨年のように選手をまたワンルームに住むことができない。光州市と引き続き対話をしている。創立時からクラブハウスに関連する長期計画があったりする。ジンを変形して、クラブハウスに変えようとする。ところが、一度成績が土台がなければならない。最下位をして、クラブハウスを作ってもらうことができますか。選手団を助けてくれ、良い成績を出そうとするのもこのためだ。 "



- スタジアムも問題だ。 4万席やされるワールドカップ競技場が大きすぎるの指摘がある。

「最近、ソウルイーランドFCの本拠地に行って可変席について調べてみた。光州も十分できるでしょよ。ワールドカップ競技場ではなく、補助球場に可変席を設置対戦する方案について議論している。一度クラブハウスの問題を先に解決した後の実行に移る。可変石イ​​ンストールが行われる場合、競技を見る楽しさがさらに大きくなるようだ。 "

- ユンジャンヒョン光州市長の関心増えたと聞いた。

「昨年は大きな関心がなかったのが事実である。ところが、昇格が起点になった。ますます認識が変わっている。ユン市場との対話を分けた結果、サッカーをよく知らなかったのであって関心がなかったではなかった。多くの会話を介してサッカーに対する認識を変えている。今格なく会話する間柄だ。過去11日に蔚山現代を1-0で勝ったこと聞いは非常に好きだったよ。光州がこの程度にまでうまく行は知らなかったようだ。」

- フロントの雰囲気も大きく変わったという。

「週末の試合が終われば月曜日に会議をする。部署別に1週間何をするものであり、過去の試合で明らかになった残念な点を話している場だ。特に選手たちにどのようなことをしてくれると競技力の向上に役立つを与える心配する。当然の会議だったこれまでは正常に行われなかった部分であるようだ。フロントの待遇も残念だったよ。改善が必要である。オールシーズンを良い成績で仕上げにより、私たちの従業員連れて日本にワークショップ一度行こうとする(笑)。」
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する