「三試三食」オク・テギョン、肉の代わりに鍋望み"釜、助けてくれる人いない」

三試三食
オクスンボンシェフオク・テギョンツール欲を明るみに出す。
オク・テギョンは7月31日放送されたtvN「三試三食上等編」で釜の代わりに鍋を書きたい願いを語った。
この日オク・テギョン、イ・ソジン、キム・グァンギュは畑でキュウリ、トマト、ナスなどの野菜の束収穫した。
これらの野菜の重量と比例して肉と交換してきたから。収穫した野菜は、重量がなんと10.5kgや私ナ・ヨンソクPDを当惑させた。
オク・テギョンは「実は私は肉よりもツールを与えても良さそうだ」とこっそり鍋を言及した。
オク・テギョンは、これまで重い釜を移し料理苦労していたから。
オク・テギョンは「先祖の方々がされた感じである」とし「以前にも夫が助けたり不機嫌なかっなかったのか。俺だって型が助けてくれるのがいいねないのか。軽いのがあればどんなに良いか」との願いを表わした。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する