再び主将引き受けたキ・ソンヨン、シューティケ監督の信頼

キ・ソンヨン
サッカー代表チームウリ・シュティーリケ(61・ドイツ)監督は、キ・ソンヨン(26・スウォンジー・シティ)に再び主将腕章を満たしてくれて堅固な信仰を見せてくれた。シューティケ監督はキ・ソンヨンが主張を務めることについて一抹の疑問もないようだった。
シューティケ監督は2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG第2戦ラオス前を翌日に控えた2日、火星総合競技タウンで開かれた公式記者会見で「キ・ソンヨンを再び主将に立てた特別な理由があるのか​​」という質問を受けた。キ・ソンヨンが膝の手術を受け、6月東南アジア2連戦と8月、2015東亜試案コップに参加していなかったときは、グァック・テフィ(34・アル・ヒラル)とキム・ヨングォン(25・広州エバーグランデ)がそれぞれの主将を引き受けた。二人の選手が今回のリストに含まれているにもかかわら変更を決定した原論的な理由を聞こうとしていた質問だった。そしてシューティケ監督がキ・ソンヨンについてどのように多くの信頼を送っているかどうかを再度確認してたかったからだ。しかし、シューティケ監督は笑い期全くない顔で「キ・ソンヨンが主将を取るならない理由があるのか​​」と問い返した。シューティケ監督の言葉をそのまま伝える通訳がむしろしょげてしまうほどだった。それだけシューティケ監督のキ・ソンヨンの信仰はしっかりして見えた。
キ・ソンヨンはラオス戦までに「シューティケホ」発足以来、18試合のうち11試合に出場した。中原の指揮者として自分の任務を忠実に遂行し、いつのまにか作り付けの桁をつかみ、欠かさず主将腕章を尽くされた。シューティケ監督がキ・ソンヨンに主将腕章を再度任せこと中原というポジションが形成の途中でストライカーとDF、そしてゴールキーパーまで疎通が可能だという点もありますが、それ以上にキ・ソンヨンが選手団をよくリードしていることに対する全面的な信頼の傍証として解釈することができる。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する