キ・ソンヨンを表現する修飾語は、「やはり面足りる

キ・ソンヨン
キ・ソンヨンを最もよく表現する言葉は、今「やはりとなる雰囲気だ。ググジョルジョル説明しなくても、やはりキ・ソンヨンだった。キ・ソンヨンがキ・ソンヨンダウンプレーでレバノン遠征ジンクス打破の先鋒となった。
ウリ・シュティーリケ監督が率いる大韓民国サッカー代表チームが9日午前(韓国時間)、レバノンサイダー市立競技場で行われたレバノンとの「2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選「G組3戦で3-0で勝利した。韓国は3戦全勝で予選巡航を続けた。
電力は、明らかに韓国の優位だったが、レバノン遠征は多少、砂のよう汚かったです。中東遠征がいつも韓国サッカーを苦しめたとはいえ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング130位チームを相手に奇妙苦戦を免れなかった。韓国は過去2011年8月1-2で敗れたことをはじめ、最近3回のレバノン戦で2分け1敗にとどまっていた。
しかし、韓国が苦戦した過去3回のレバノン遠征にはキ・ソンヨンがなかった。キ・ソンヨンは「個人的にはレバノンに一度も行ったことがない。同僚たちが皆大変な遠征だと述べている。より慎重に準備すべきもの」と覚悟を固めている。そして心強い主将キ・ソンヨンが含まれている代表チームは、他の結果を出した。

序盤からキ・ソンヨンはずば抜けキック力を誇示した。 「驚くほど積極的なサッカーを展開したい」ダンラヅルビーチ監督の出師表とは異なり、レバノンはラインを下げて守備的に試合に臨んで逆襲を図った。この守備を揺さぶるためにキ・ソンヨンのキックが大きな役割を占めた。キ・ソンヨンは、正確な中長距離のパスに左右側面に向かって広くボールを送りながら、相手の守備を多く走るようにした。

虎視眈々機会を狙っていたキ・ソンヨンはパスで初ゴールを生み出した。前半20分キ・ソンヨンの鋭いスルーパスでペナルティキックが出てきた。ジャンプ入る石硯与えたの足に平手打ち貼り与える正確なパスだった。ディフェンダー2人の体当たりを勝ち抜いた後、ボックス内ファウルを誘導した石硯与えたの動きも賞賛されるべきだろうが、やはりキ・ソンヨンのパスが一品だった。
後半31分、走っていくイ・チョンヨンのスピードを正確に合わせたスルーパスは感嘆の声を私に作った。終始韓国の攻撃の始発点はキ・ソンヨンの足だった。

キクマン輝いものではない。必要な場合は果敢なドリブル突破で相手守備陣をヘジプたしテンポを調節すべきときは、特有のボール看守能力を披露しながら、呼吸を整えた​​。腕に巻かれた腕章の重量だけリーダーキ・ソンヨンの存在感は確かにずっしりとなった。

去る3日、京畿道華城で開かれたラオス戦でもキ・ソンヨンは、キ・ソンヨンらしい姿を見せてくれた。生涯初のAマッチハットトリックを作成したソン・フンミンと2ゴールを決めたグォン・チャンフンなどゴールを決めた選手たちが照明を受けたキ・ソンヨンの賞賛が落ちることがなかった。 Aマッチの経験が不足しているグォン・チャンフンを頻繁に呼んでアドバイスをするなど、キャプテンの役割も果たした。

困難であった試合を思ったより簡単に解くことができた背景の中、キ・ソンヨンという存在があった。派手tはなく、いわゆる「クラス」を感じることができるプレーを披露した。キ・ソンヨンを表現する修飾語は、今「やはり​​」で十分である。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク