悪夢の脱出、正解はキ・ソンヨンの「パスショー」

キ・ソンヨン
難題だったレバノン遠征を解いた正解はキ・ソンヨン(26)であった。キ・ソンヨンを前面に出したシューティケ号レバノンにクール雪辱を広げた。
ウリ・シュティーリケ監督が導いたサッカー代表チームは8日、レバノンシドンに位置するムニシパル・スタジアムで行われた2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG第3戦で3-0と大きく勝った。

前半22分チャン・ヒョンスのペナルティキックゴールで先行する韓国は相手オウンゴールで点差を稼ぐたし、後半15分グォン・チャンフンこのくさびゴールをとめながらクール勝利を獲得した。
1993年に、米国のワールドカップ予選で勝利した後、三回レバノン大会初出場チームの勝利を取ってからなかった韓国は22年ぶりに恥辱の場所で勝利し自尊心を立てた。
コアはキ・ソンヨンだった。あいにく、過去2011年と2013年大会初出場チーム、レバノンに屈辱を受けるときキ・ソンヨンの桁はなかった。 2011年、韓国が1-2で敗れる当時キ・ソンヨンは当時セルティックで多くの試合を消化した後、コンディションの低下に付属していなかった2013年にも警告累積などを理由に代表チームがようやく1-1で引き分けたレバノン遠征をTVで見守るた。

韓国の敗北を目にしたキ・ソンヨンは主張腕章をガレージさらに高まった比重と一緒にレバノン戦勝利を照準した。彼は「2011年と2013年に、私たちがレバノン遠征ではかなり難しい試合をした。私は二人の戦いの両方レバノンにつなかったが、選手たちの話を聞いて試合を見たとき容易ではないようだった "としながら"恐れる必要はありませんが、環境的な部分が私たちを苦労することができますので、そのような部分を支えることが最も重要と思われる」と予想した。
少し慎重な姿を見せたが試合が始まるので違った。キ・ソンヨンのパスゲームと調整は、レバノンがどうしてみる道理がなかった。序盤からショートパスとロングパスを添えキ・ソンヨンのパスショーの前にレバノンは付いて回るしかなかった自然主導権と空間は韓国の分け前になった。
キ・ソンヨンの存在感を存分に楽しんだ韓国は先制点を早期にトトゥリミョンソ相手のベッドのサッカーを事前に遮断し、圧倒的な競技力端に3-0で大きく勝って、以前とは異なるレバノン戦を完成させた。?
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク