韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

やはりキ・ソンヨン、中原の「KEY」らしかった

キ・ソンヨン
やはりキ・ソンヨン(26・スウォンジー・シティ)であった。

キ・ソンヨンが中原司令官の役割を正確にやり遂げと韓国の予選3連勝を導いた。キ・ソンヨンは9日午後11時(以下、韓国時間)、レバノンのベイルートサイダームニシパルスタジアムで行われたレバノンとの2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG第3戦で先発出場、中原を心強く守り完勝の主役になった。

この日キ・ソンヨンは、過去ラオス前と同様にグォン・チャンフン(21・水原三星)と一緒に2線ミッドフィルダーに出た。チョン・オヨウン(26・ヴィッセル神戸)が後方から守備的な役割を務めながら、キ・ソンヨンはより進んだ位置から再生した。

守備的な負担を軽減したキ・ソンヨンは、より積極的に中原を縫って自分の存在感を現わした。積極的に攻撃に加担するより活発な動きにボール - 数のつながりをする一方、適材適所に正確なパスを伝達し、自分の「クラス」を披露した。
前半序盤からキ・ソンヨンのパッシング力が光った。オーバーラップに出たキム・ジンス(23・ホッフェンハイム)に向けた絶妙なスルーパスで相手守備を一気に崩した。オフサイドの判定を受け決定的なチャンスに接続されていなかったがキ・ソンヨンのパッシング力を確認できる場面だった。

前半20分にもキ・ソンヨンはペナルティキックを引き出す絶妙なスルーパスを披露した。中盤でボールをキャッチ、彼はペナルティボックスに向かう石硯与えた(24・ビトリアFC)に向かって正確なパスを渡した。キ・ソンヨンのパスした部屋にレバノンの守備は急激に震え、結局ソッキョンジュニペナルティキックを得ながら韓国の貴重な先制ゴールまで続いた。

「正確なパス」を利用した攻撃の扉を開く役割は、その後も続いた。後半15分には、グォン・チャンフンのくさびゴールまで助けた。キ・ソンヨンはペナルティボックスに線グォン・チャンフンに向かって正確なパスを渡すし、グォン・チャンフンがこれを回転シュート接続しゴールネットを揺らした。キ・ソンヨンの正確なパスがくさびゴールの足場を作った。
3ゴールのリード後もキ・ソンヨンの存在感は変わらなかった。パートナーに出たグォン・チャンフンが積極的に前方にまで幅広く行き来する間キ・ソンヨンは心強く中原を守り主導権争いに力を加えた。挽回ゴールが切実だったレバノンがたやすく攻勢を広げないことも同じ理由であった。

結局、この日、韓国は3ゴールを浴びせ22年の間にスンジョンボを鳴らさなかったレバノン遠征で「完勝」を収めた。直接ゴールをさく烈はなかったが、試合を通して中原を保ったキ・ソンヨンがその中心にあった。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索