「派手さはなく、犠牲」キ・ソンヨン、レバノン遠征ジンクス撃破功臣

キ・ソンヨン
ラフグラウンドもキ・ソンヨン(スウォンジ・シティ)には何の問題もなかった。

韓国サッカー代表チームは9日午前(韓国時間)、レバノンシドンのサイダー市立競技場で開かれた2018ロシアワールドカップアジア2次予選レバノンとの第3戦アウェーで3-0の勝利を収め、3戦全勝で巡航した。

中東遠征という厳しい環境にホームの観客がレーザーポインターまで撃つマニアックな応援を展開など、すべての面で大変だったが、韓国の競技力は安定感がありしっかりした。
特に中原司令官キ・ソンヨンの驚くべき試合調整能力は韓国に勝利をもたらした力だった。キ・ソンヨンはレバノン遠征の経験がなかったが実力で真価を表わしてあれこれ心配を潜在的だった。

キ・ソンヨンは守備的ミッドフィルダーチョン・オヨウン(ヴィッセル神戸)と攻撃的MFの役割をしたグォン・チャンフン(水原三星)の間に立ってチームのエンジンの役割をした。キ・ソンヨンが一拍子急速に入れてくれるパスは同僚に正確に配達された。
前半22分チャン・ヒョンスのペナルティキックゴールが作られる過程では、キ・ソンヨンのパスが一役した。石硯与えたに試みたスルーパスが鋭く相手の守備は石硯与えたのまだ防げず歩いて越えツリーとペナルティとして宣言されたものである。

キ・ソンヨンは大きな欲を出さずに試合調整に集中した。左右にパスを切り替えて、試合の流れを韓国に持ってくるようにした。序盤レバノンが荒く出ても選手たちを督励し興奮を静める姿も見られた。
2-0とリード向かう後半15分にはグォン・チャンフンゴールもう一度アシストを記録した。守備の間の接続されたパスがグォン・チャンフンの足に正確に接続され、グォン・チャンフンがシュート力を誇ってくさびゴールを決めた。
キ・ソンヨンのおかげで韓国はレバノン遠征で3-0を収めた。 1993年5月1994年米国ワールドカップ1次予選1-0で勝利以来22年4カ月ぶりのレバノン遠征勝利だった。キ・ソンヨンがレバノン遠征安を破ったといっても過言ではない試合だった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク