キ・ソンヨン八色鳥の魅力、シューティケ戦術」key '

2015.09.09 10:15|ハン・ヘジン
キ・ソンヨン
「キャプテン」キ・ソンヨン(26・スウォンジー・シティ)の八色鳥の魅力がレバノン戦で爆発した。

キ・ソンヨンは8日(韓国時間)、レバノンのサイダーシドン市立競技場で行われたレバノンとの2018年のロシアのワールドカップアジア地区2次予選のアウェー戦にミッドフィルダーとして先発出場し、フルタイムを消化した。

この日キ・ソンヨンはウリ・シュティーリケA代表監督が稼働した4-1-4-1戦術の核だった。ビルドアップ時には、「ワンボルランチ(一人の守備型ミッドフィルダー)」に出たチョン・オヨウン(ヴィッセル神戸)と呼吸を合わせて、正確なパスで攻撃陣営あちこちにボールを渡した。
攻撃陣営では果敢なキルパスで相手守備陣を崩した。昨シーズンスワンシティでジャックコークをワンボルランチに置いてジョンジョーシェ​​ルビーと一緒に攻撃的ミッドフィルダーとして活躍していたプレイとたくさん似ていた。 「パスマスター」キ・ソンヨンの真価は、前半22分明らかになった。先制点の出発点であった。中盤で強力な浸透パスを接続、ゴールに殺到していたソッキョンジュニペナルティキックを得て出す力を加えた。

キ・ソンヨンは前半35分から変形戦術に先頭に立った。左側ウィンガーに出たク・ジャチョル(アウグスブルク)とポジションを頻繁に交換、最前線の攻撃の破壊力を高めることもした。セットピース状況ではキッカーの代わりヘディングに参加した。典型的なボックスツーボックス型ミッドフィルダーの姿を見せた。中原プレイはもちろん、攻撃時にペナルティーエリア近くまで近接して鋭いキルパスとシュートまでその中にA代表マイ問題点として指摘された決定力障害を完全に消去しまった。

相手中原を完全に破壊したキ・ソンヨンは2-0でリードし、後半15分勝負にくさびを刺した。ペナルティボックスの近くにあったグォン・チャンフンにパスを接続、くさびゴールを助けた。

キ・ソンヨンはこの日、シュティケ監督が追求する「シェアサッカー」のキー(key)であった。
スポンサーサイト

テーマ:韓国メディア情報
ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク