赤ちゃんが好きだったキ・ソンヨン 出産、「パクシンが「誕生

キ・ソンヨン
「シューティケホキャプテン」キ・ソンヨン(26・スウォンジー・シティ)が出産した。

キ・ソンヨンの妻である俳優ハン・ヘジンは13日午後、ソウルのある病院で健康的な娘を出産した。

キ・ソンヨンの父親であるキ・ヨンオク光州FC団長兼広州サッカー協会長は14日、スポーツ朝鮮との電話通話で"母親と赤ちゃんの両方が健康して気持ちがいい。孫娘がとてもきれい」と明らかにした。

キ団長によると、キ・ソンヨンは12日、ワトフォードとの2015〜2016シーズン、イングランド・プレミアリーグ5ラウンドを行った後、すぐに韓国に渡り、子供の出産を見守った。

キ・ソンヨンはもともと赤ちゃんが好きたという。親姉の子である甥をきれいというのが基団長の説明である。

キ・ソンヨンの最初の娘のテミョンは「パクシン」だった。キ・ソンヨンは「ボクシングデー(クリスマスの翌日)」の期間に子供が生まれ「パンシン」とテミョンをした。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する