欧州サッカー紀行]「ヨーロッパ200試合」キ・ソンヨンは今季節の変わり目

キ・ソンヨン
土曜日に交換に出場したEPLエバートン戦は、キ・ソンヨンがヨーロッパでプレーした200番目の公式試合だった。スコットランドセルティックに入団し、ヨーロッパに渡って行く時には、まだ少年のティーがまだ消えていなかったキ・ソンヨンは、その間多くのことを経験し、成長した。周囲多数まっすぐ反応していたプロ新人ミッドフィルダーはもうない。三回の移籍を経て、忠実なプロフェッショナルに生まれ変わった彼は、自分が属しているEPLクラブのサポーターが選定した今年の選手を経て代表のキャプテンとして位置づけられるほど堅固な位置に立ったベテランプレイヤーとなった。そのキ・ソンヨンをスウォンジーで会った。
先日、お父さんがされたキ・ソンヨンの顔は明るかった。二度のワールドカップ予選をソウルとレバノンを行き来しながら行わなければならし、イギリスに帰ってきた直後に生まれた娘シオンを見まっすぐ戻ってソウルに行ってきた直後だった。短い期間、複数回の飛行機を乗り継いで行き来したのは、シーズン中のシーズンを進行中の選手には大変つらいことだっただろう。 9月がままの半分も経過する前に日付変更線をすることもなく、行き来したせいで疲れた気配を感チュギン大変だったが、ソウルに置いてきた生まれたばかりの娘と妻の名前を口に上げる時は顔いっぱいに笑顔が広がった。

これは、「子供が生まれ君のすべての決定と悩みが以前よりも家族を中心に変化されるようだ "ダンキ・ソンヨンと三時間にわたって交わした話を整えたものである。少年から男に、男からお父さんに人生の季節を変えていくキ・ソンヨンは、サッカー選手としての新たな跳躍と進路を悩んする時間がますます増えているようだった。
スウォンジー

「あまりにも小さな町である。海岸シジマン活気やナイトライフとは程遠い。風と雲が多く天候も憂鬱な方なので、ロンドンよりも優れていない。しっかりとした飲食店や特に口径すべきところもなく日常がかなり退屈なところである。幸いなことに妻はこの都市の落ち着きを愛する。私は必ずそうでないが、(笑)、妻が好きくれるのでありがたく、また幸いだ。一人住んでいた入団初年度には、適応に古典をしたが、妻が来た後に外食も減らし、心が楽になり、退屈を感じることがあまりなかった。ところが、(妻が出産でソウルに行った)最近は、実際に戻って少し退屈。ロンドンの同僚との通話もして、家にいる時は、聖書必死もしながら時間を過ごしている。"


スウォンジー・シティーFC

"第1ラウンドで負傷したこともあり、その間、チームの成績が良かったので監督が既存の先発をよく変えていない。今回の試合(エヴァートン戦)も先発ではないでしたが気にしない。良い成績を出した期間の選抜選手を取り出すには監督も名分が必要ないと思い。すべてを理解する。そして、過去2014/15シーズン内の成績が良かったと思うので、いくつかの戦い先発出場ない焦りが出たりしないだろう。最近悩みはこれとは別にます。今スウォンジー・シティは、少し中途半端な位置にあるようだ。優勝を狙うことができる電力はありませんが、今のところ降格される危険性のないチームだ。私もそうチームもそう、目標をどのように捉えるかが重要な時期であるようだ。 "

ゲリーモンク

「選手で監督になった仲間だ。スウォンジー合っ監督だと思う。派手な選手ではなかったが、監督としては格別な面がある。相手チームの分析のように次の試合を準備する過程で、ディテールにアドバイスを与えることにそれ非常に重宝である。ビルドアップをするときに必要なものや、複数の部門で明白な話ではなく、選手たちがそこまで思わなかった部分をよく指摘してくれる監督である。 "
ミッドフィルダーキ・ソンヨン

「私はロングパスを好むミッドフィルダーだ。最近では、カップパスを優遇するサッカーがあまりにも流行だが、個人的にはロング​​パスで相手守備を一気に剥がすシーンに快感を感じる。ユース代表時代、チョ・ドンヒョン監督がくださった言葉最近よく思い出す。「サッカーで最高のは、一気に前進すること」だということだ。その時はよく理解がされていなかった、最近は大きく共感する。短いパスで色とりどりに前進することもかっこよく面白いサッカーが、中間過程を消えることロングパスには、彼だけの魅力がある。広く広げながら跳ん与えるウィンガーがいるチームで走る場合、私は得意のサッカーをもっと楽しくすることもできるという考えをする。今の所属チームはそのようなスタイルではなく、代表チームでも、このようなサッカーを駆使そういえば容易ない。代表では(手)興民があって、時々愛用ですが。
もちろん、今の所属チームや代表チームに不満があると話しているわけではない。 (笑)まぁストライカーに比べて大きく注目されるか、よくないことは容易に把握されているポジションはありませんが、ミッドフィルダーとして、私は好きな方法のサッカー、また発展する方向にプレーを繰り広げることに楽しさを感じている。」
チアゴモッタ

「最近最も注目見るミッドフィルダーはPSGのモーターとベラティーダ。個人的に最近のPSGサッカーが非常に魅力的だと思う。その中でミッドフィルダーの責任を負う二人の選手のスタイルは、私がしたい方向と合う。むやみにたくさん走るか、ラフする選手たちがなく、技術もあまりにも良くないか。特にモーターのその果敢なスタイル、上の人のようなプレーが印象的である。多くのミッドフィルダーがディフェンダーの前まで下がってボールを受けることを負担に思っている。奪われたら、すぐに危機から。ところが、モーターは、以下までの深さ下りボールを受けて、直接持って上がったりパス形式で攻撃に直接支援を与える。容易ではないことを知って、また、このようなプレーがチームに役立って選手本人もやりがいを感じているホウよく知っているので試合中に私もこのようなのプレイをよくしようとする方である。"
ユベントス

「チームを移した場合、この夏の移籍市場が少ないという考えをした。昨年によく走った年齢や残余契約期間などいくつかの条件が適切な時点という感じを受けたからである。1年前に、ロンドンのクラブが1年後FAで迎え入れするとして高い給料を提示したが、その場合、残りの1年をチームで出場機会を得られない危険性が大きかった。それはあまりにも冒険的だったので断った。以来、スウォンジーと再契約をした幸いなことに、シーズン成績が良かった。今年の夏ちょうどイタリアのユベントスではかなり大きな金額の移籍金を提示した。しかし、最近のイギリスの移籍市場にインフレ現象がないか。球団が(私の思ったより)多くの移籍金をほしいと思った。様々な理由で成功することを期待していたオファーだった結果的にはよく吸う。外的には知られていない内容である。脂が走る時から必ず優れてみたいチームのいずれかであったが、移籍って抑止をブリョソされているわけではないというのが、いつもの持論である。球団に行って寝転んたり(笑)もっと大胆に発言なら移籍したのかもしれない。
2〜3年前の私ならそうしこともできる。しかし、いつからか考えが変わった。何モニターを膜欲を張ったり執拗にこだわらなくなった。夏の移籍市場はそのように終わった。道理を逆らうながらまで移籍したくなかった、巨額を呼んだ球団の立場も理解できた。まあ、ユベントスが私より熱心にたかっスウォンジー要求を合わせてくれなかったのか?そうでない状況で、私は球団に何かを要求するのは道理ではない。球団が私の身代金をあまり高く設定したことではないニャン話も一理があるが、いずれにせよ量球団が希望する移籍金との差額だけが今の私の限界値であるかと思ったりする。ミッドフィルダー一人を処分するように、私連れて行って場合は、マシンロンドンのビッグクラブも、その選手がチームに残るされ移籍作業がうやむやになった。その移籍市場が閉じて考えが多くなったりした。移籍という手段とは別に、選手として一歩進む方法は何であるかについて、最近考えをたくさんしている。 "
ソン・フンミン

「ふんミンがドイツにあるときは連絡をそう頻繁にしたほうがなかった。同じヨーロッパですが、どうやら他のリーグでの操業のためにそうだったようだ。フンミンがイギリスに来て良く、また、以前よりも連絡も頻繁にある。良い条件の良いチームに来るべき私も嬉しくてうれしい。ロンドンに住んでいることがうらやましい時もあり。私はヨーロッパに出てきて、主に田舎でのみ住んでいなかったか。グラスゴー、サンダーランド、スウォンジー(笑)個人的には興民のキャリアは、私たち若い選手たちに非常に大きな模範値する事例だと思う。ドイツはリーグ中位圏チームで自分の強みを発揮できる環境が用意されて、ここで良い競技力を見せるトップのチームに移籍が可能なところである。そうと、ヨーロッパトップチームの関心をよりよく受けることができる。お勧めする先例を見せてくれたと思う。」
グォンチャンフン

「今回の代表チームで初めて一緒にプレーした。シューティせ、監督が中盤で出てチャンフンがを前進配置させた攻撃的MFに最適化された能力を持っている選手と知っ感じた。意欲的な才能も多く、今後が期待される後輩だ。私もその年齢の時代表に初めてデビューしたので、昔の考えがたくさん出た。まだ若いすでに古い考えなのか?来年韓国年齢で三十や同様のため、それでもされないか?(笑)」
Kリーグ

「父(キ・ヨンオクFC団長)のおかげで、光州試合をよく取りまとめてみる。競技場を訪れた観衆の数を見て、多くの気がする。FCソウルもそう私はプレーしていよりも環境がよくなっことがないようだ。多くの方々が努力してくれており、また、発展した部分もあるとここが、まだ長い道のり。Kリーグがどのようにすれば、よりよくなるかについて(この)青龍やらの話をたくさん交わす。後、私たち二人行ってトィジャン話も与え受けやすいたが、そのようなと何が変わるか心配からリードしている。私たちは戻って走ることが役立つことかも疑問であり。最近、中国リーグを見ると、投資がすばらしいよ。単に投資が多くではなく、観客や社会的関心が非常に高いと言っていた。そのためか、Kリーグの心配をより多くのことになるようだ。"
最初のインタビューを終えた次の日、だからエヴァートン戦開催日の朝、キ・ソンヨンと親しいチャ・ドゥリがKリーグスーパーマッチでゴールを決めたという知らせが聞こえてきた。試合結果はFCソウルの3-0の勝利。キ・ソンヨンに文字を送った。 「チャがゴールを決めたのです。」すぐに答え文字がきた。 「試合を見て、ライブで。ww」

代表の主張、そしてKリーグが生んだ最高の選手の一人の選手にKリーグはまだ遠くないところにあった。海外で長く生活をしていたいくつかの先輩たちと同じように、彼もKリーグをいつか戻ってくるところと考えた。そこを去ったもう何年も経ったにも。しかし、一方では心配もした。キ・ソンヨンの先輩たちがそうであるよう、世界でサッカーが最も歓迎されて、また選手たちが、社会的に優遇されるところで長くプレーしたものに、Kリーグは快く足々負担面を持つ舞台だ。彼は韓国から渡って来て、彼らにいつも尋ねるはKリーグの心配と愛情の一言は、だからこそ、大切である。そして、このような関心と縁の紐は、いつか必ず実を結ばれるだろう。


もう20代半ばをたて超え間欧州サッカー200試合というマイルストーンを通過したキ・ソンヨンには、多くの点で、今がターニングポイントに見えた。残念ながら、閉じた移籍市場、プレイスタイルの研究と悩み、そして新たに生まれた娘を中心に組まれ質のライフスタイルまで。すでに個人のキャリアで立ち止まることができなくなったキ・ソンヨンのサッカーと人生は、今季節の変わり目を通るいる。そして、そのような変化の時間をしばらく耐えた後、彼は再び少しずつ前進する。今までいつもてきたかのように。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する