4年9カ月ぶりの得点よりも輝いキ・ソンヨンの「前進配置」

キ・ソンヨン


キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)が4年9ヶ月ぶりに得点を稼働した。しかし、得点よりも輝いたのは攻撃陣に活気を吹き込んだキ・ソンヨンの前進配置であった。

ウリ・シュティーリケ監督率いる韓国は13日、ソウルワールドカップ競技場で開かれたジャマイカとの親善試合で3-0で勝利を収めた。韓国はチ・ドンウォン(アウグスブルク)とキ・ソンヨン、硫黄条(城南FC)が連続ゴールを決め、最近Aマッチ11試合連続無敗(8勝3分け)行進を続けた。

この日の先発で目​​を引くのはキ・ソンヨンのポジションだった。普段守備的MFに配置されたキ・ソンヨンは、今後席を移して攻撃的MFに起用された。守備力が良いミッドフィルダー2人を守備的MFに配置しただけキ・ソンヨンの積極的な能力を最大限にするという意図であった。

キ・ソンヨンはシューティせ監督が望むバーグラウンドで正しく移行した。キ・ソンヨンは、前進配置されただけの活動半径を今後さらに移動動いて、最前線のストライカー硫黄条左右側面のチ・ドンウォン、イ・ジェソン(全北現代)に質の良いパスを接続した。
精度の高い質の良いパスが出てくるだけに、韓国の撮影チャンスは継続的に多く出てきた。脅威的なシューティングもたくさん出てきた。前半38分、キ・ソンヨンが奪われたパスを受けた硫黄組アーク正面からシュートを試みてクロスバーを強く打った。

キ・ソンヨンは脅威的なパスに加えて、数回直接シュートを試みてジャマイカのゴールを叩いかけた。前進配置されただけのボックスの近くでチャンスが増えてきたキ・ソンヨンは躊躇せずにシュートを試みた。前半21分前半31分のシュートはジャマイカの雑談を冷やした。

キ・ソンヨンは後半10分、得られたペナルティキックの機会を直接蹴り追加点接続した。 2011年1月の日本戦でペナルティキックでゴールを決めた後、4年9カ月ぶりの得点であった。しかし、キ・ソンヨンの得点は、強い印象を残さなかった。キ・ソンヨンの前進配置が作成された肯定的な効果が残した印象がさらに強かった
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する