「前進配置キ・ソンヨン」、パッシングほど輝いた動き

キ・ソンヨン
攻撃2線に配置されたキ・ソンヨンが、今回は長期的なパッシングだけでなく、タイムリー適所に行われた動きで好評を博した。

ウリ・シュティーリケ監督率いるA代表チームは13日午後8時、ソウルワールドカップ競技場でジャマイカとのAマッチ評価戦で3-0完勝した。この日の攻撃2線に配置されたキ・ソンヨンはイ・ジェソン、チ・ドンウォンと一緒に休む暇もなくジャマイカの守備陣を悩ませた。キ・ソンヨンは後半43分まで活躍し拍手喝采を受けた。

実際にはキ・ソンヨンの先発投入は多少意外な決定だった。欧州組のうえクウェート遠征が高たため、彼の責任ではなく、ナム・テヒや過去の試合で決勝ゴールを決めたク・ジャチョルが試合に出ることが予想された。

しかし、シューティせ監督は主張であり、チームの中心軸になることができるキ・ソンヨンの出場だけに固執した。実際に、過去クウェート遠征先発に含まれている選手の中で、今回の試合に出るのは、チョン・ウヨンを除けば、キ・ソンヨンが唯一だった。


ただしキ・ソンヨンの投入は「安定」の意味のみ恥部することができなかった。守備陣と前方攻撃手の中間で連結の輪の役割をしていたキ・ソンヨンは3線ではなく、攻撃の2線に配置された。試合に出られなかった韓国映画、チョン・ウヨンの競技力をテストしながらも、キ・ソンヨンをより前進配置して、その効果を確認してみようとしていたこと。

事実キ・ソンヨンは3線ミッドフィルダーで見る配給と守備力を土台にしたプレイが印象的な選手だった。パスプレイを繰り広げる所属チームスウォンジープレイスタイルにもよく合った。キ・ソンヨンの利点は、絹のような姿だけいたのはなかった。

スウォンジーのゲイリーモンク監督はキ・ソンヨンに、より積極的な役割を任せた瞬間に相手DFの間に浸透する動きも可能な様子を見せた。これ所属チームでリーグ8得点を挙げ、チーム内得点王とスウォンジー今年の選手に選ばれることができた。門前でも仕上げることができる能力があることを示したキ・ソンヨンである。
まず、キ・ソンヨンがこの日の妻の特徴を相手牽制より深刻な前方に位置側、中央に積極的に動いたことにあった。適切な位置選定に前半21分のチャンスをつかんだキ・ソンヨンは撮影が守備体に当たって物足りなさを残した。その後もサイドに移動し脅威的なクロスを試みたり、中原に移動して円滑なパッシングプラグレンルル助ける求心点の役割を果たした。
後半にも開始とともに脅威的なクロスを見せてくれた。左サイドに戻っていったキ・ソンヨンは完璧なクロスにイ・ジェソンにヘディングチャンスを作った。ゴール続いて地震なかったが、十分に印象的なシーンだった。また、後半11分まで動員が得たPKを軽く仕上げて出して勝機をつかんだ。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク