釘開くドアのない万能キー(Ki)、ソンヨン

キ・ソンヨン
やはり万能キー(Ki)であった。釘開くドアがない。今回は別のドアに会った迷わず開いた。シューティせ号万能キー、「キャプテン」キ・ソンヨンである。

13日午後8時、ソウルワールドカップ競技場でキックオフされたKEBハナ銀行招待サッカー国家代表チーム評価試合で韓国がジャマイカを3-0で下して快速行進を続けた。韓国は前半35分まで動員の先制ゴールを皮切りに、後半11分キ・ソンヨン、後半18分硫黄組のリレーゴールを決め、ジャマイカを3-0で下した。これで韓国は最近、Aマッチ11試合無敗(8勝3分け)の行進を続けた。

韓国はジャマイカ戦で4-3-3フォーメーションを稼動した。前半スリートプエンチ・ドンウォン - 硫黄ジョー - イ・ジェソンが布陣し、その下の2ソンエンチョン・ウヨン - キ・ソンヨン - 韓国映画が位置した。フォー百円左からキム・ジンス - ギムギフイ - ホン・ジョンホ - キム・チャンスが浮上、ゴールキーパーの手袋は、長いだけでチョン・ソンリョンが立ち込めた。

先発出場したこれらの中で最も顕著なこれキ・ソンヨンだった。キ・ソンヨンは硫黄兆すぐ下位置垂れ下がっストライカー駅攻撃的MF役を同時に実行した。これまでキ・ソンヨンがこの桁に時々ソギンても二人の守備的MFを置いて出たのは珍しいシーンだった。


シューティせ監督はそれほどキ・ソンヨンに積極的に任務を下した。前方スリートップを円滑にサポートする攻撃的MFレベルではなく、黄組のすぐ下垂れストライカー役をもっとしただけだった。
キ・ソンヨンは慣れていない任務だったが、上手に消化した。硫黄ジョーすぐ下に自由にプレイしたキ・ソンヨンは前半31分に素晴らしい左足シュートを打ち、後半7分にもジャマイカ陣営ペナルティーエリア内でシュートするなどの前にはなかった積極性をついた。
キ・ソンヨンの積極性は、最終的に2点目となった。たとえチ・ドンウォンが得られたPKを次得たゴールだったが、1-0の不安リードを2-0のゆったりリードに変えるペナルティゴール決めてウリ・シュティーリケ監督の顔に笑顔をプレゼントした。
キ・ソンヨンは韓国が2-0でリードした後は、以前よりも少し位置を下した。外部ストライカーではなく、中央のMFに近い場所に席を移し後半残り時間を消化した。 2-0のリードをより安定的に守るためであった。

キ・ソンヨンはジャマイカ戦で状況に応じて、他の任務を与えられたが、すべて上手くやった。シューティせ号万能キーであることは誰もがよく知っていた、本当に完全に自分の前にロックされたドアを開いたキ・ソンヨンだった。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク