「キャプテン」キ・ソンヨン、「イ・チョンヨン - ソン・フンミン、常に良い活躍信頼"

キ・ソンヨン
シューティケホ「キャプテン」キ・ソンヨン(26、スウォンジー・シティ)がA代表の同僚イ・チョンヨン(27、クリスタルパレス)とソン・フンミン(23、トッテナム)に無限の信頼を送った。
A代表は12日、水原ワールドカップ競技場でミャンマーを相手に2018ロシアワールドカップ2次予選ホームゲームを行う。 A代表チームが試合後ラオス戦を行くがミャンマー前は今年、国内で開催される最後のAマッチだ。
9日代表チームに合流したキ・ソンヨンは「今年一年良い成績を収めた。ホームで最後のAマッチだ有終の美をおさめない。結果、内容はすべて良く仕上げたい」と伝えた。今年一年、所属チームと代表チームを行き来しながら、着実に良い活躍をした彼は、「体調が前回よりも良い。所属チームの試合を続けるので前よりはましだ。代表京畿道前回より良くしたい」とし「相手が誰た準備をよくしたい。代表チームは、一定の試合を維持しなければならない」とミャンマーが弱体が油断せずに自分のスキルをすべて発揮しするとした。
また、キ・ソンヨンは「ソン・フンミン、イ・チョンヨンは私が心配しなくてもされるほど、常に良い活躍をする」とし「信頼して、各自のコンディションを維持するのに十分気にしない。いつものようにすると良い結果が出るだろう」と二人の選手が期待通り自分の技量をすべて広げるもの信じていた。

これと共に「どの選手が試合しても良い姿を見せることは容易ではない。最初に合流した選手が生活にとけ込むことができるようにしたい」と新たに加わった選手たちが、既存の選手に劣らない活躍をするように助けると付け加えた。

キ・ソンヨンはAマッチを払って残念点表わした。アジアの地域的限界のためにヨーロッパ、南米の強豪とのAマッチを支払う容易ではないからである。ワールドカップ2次予選にしても、ミャンマー、ラオスのように弱体とホームアンドアウェーをしなければならない。キ・ソンヨンは「アジアという地域の限界として惜しい。他のアジアのチームもそのような限界がある。機会が来たとき​​のAマッチをしなければ競争力がある」と吐露した。

そして、キ・ソンヨンは「主張として競技場で支えになりたい。選手たちが楽に試合するように助けたい」と同僚が良い試合をすることができるように、チームに献身すると伝えた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク