疲れを忘れたと主将キ・ソンヨン、年齢入ることを実感

キ・ソンヨン
サッカー代表チーム主将キ・ソンヨン(26、スウォンジー・シティ)は、最後の二ヶ月間、韓国とイギリスを4度も往復した。 2018ロシアワールドカップアジア2次予選グループリーグを支払うためのことはもちろん、妻ハン・ヘジンさんの出産のためである。

疲れが積もってみると、シーズン序盤には、スウォンジー・シティで途中出場している場合が多かった。しかし、最近では、先発出場を続け、存在感を誇っている。

9日、ミャンマーとのグループリーグ第5戦を支払うために、水原ワールドカップ競技場補助競技場に姿を現したキ・ソンヨンは「最後のAマッチで有終の美をおさめたい」と口を開いた。
コンディションは、10月招集当時より良くなったというのがキ・ソンヨンの考えである。彼は「所属チーム京畿道出場しているので、前回のAマッチと比較すると競技力はよりよい。すべての選手が準備をよくあり、一定の競技力を維持して大丈夫」と述べた。

代表チームは激しい内部競争を繰り広げている。キ・ソンヨンは「どこの誰が試合に入っても良い姿を見せてくれている。最初に合流した選手たちも同じだ。代表チームの生活でも適応をよくやっている。競技力も肯定的である」と評価した。

強いチームとの親善試合は、常にのどがかわく。キ・ソンヨンは「私たちがアジア予選を支払うために(ヨーロッパ、南米など)強豪チームとのAマッチを払わない現実的な困難がある」とし「アジアのチームの限界なのに親善試合の機会が来ればよく買うて欲しい」と伝えた。
代表の一員である以上、長距離の移動は必須だ。 1年だけで見れば、韓国と英国往復を月に一回の割合であったとしても過言ではない。キ・ソンヨンは「今シーズンは有毒多かった」としながらも「ヨーロッパでプレーする選手であれば、苦しまなければならすることである。それなり乗り越える方法も研究している特にない。それでも体調維持には困難がない」と説明した。

いつの間にかキ・ソンヨンは20代半ばを遥かに越えた。彼も年を取って行っていることを実感している。キ・ソンヨンは「一年が経つごとに多く実感する。昨年異なり、今年また違う」とし「シーズンが夏に開始したためか、時間が速く行く。体力管理にもっと注意を使わなければならないようだ "と答えた。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク