キ・ソンヨン「シューティケ監督の「目」...代表咲かせた"

キ・ソンヨン
「シューティせ監督就任1年、一つの単語として表現しようと「発展」である。"

家族の話を続けていたキ・ソンヨンは韓国サッカー代表チームの主将に戻って「シューティケホ」の航海のために考えを聞いてみた。彼はウリ・シュティーリケ(61・ドイツ)監督が代表チーム指揮をとった後に、ずっと主将腕章をガレージチームを導いている。だけでなく、2018ロシアワールドカップアジア予選を開始した中で攻撃的MFと守備的MFの両方を消化して、前述でも重要な役割を果たしている。本当の意味で「シューティケの男」がまさにキ・ソンヨンである。
キ・ソンヨン


彼は「シューティせ、監督が赴任し、1年間で最も大きな変化は、発展」と「チーム全体の成長はもちろん、選手一人一人にも発展しているという感じである。これは監督が韓国サッカーをより近くに触れながら進むべき方向を提示しているようだ。肯定的なメッセージだと思う」と伝えた。特に、彼はシューティせ監督のKリーグの現場訪問について親指を立てた。彼は「まだ発見していなかった選手、実力に比べて注目されなかった選手たちがシューティせ、監督を介して光を見ている」とし「その選手が代表チームに合流して、自分の役割を忠実にしてくれていて、これにより、代表運用の幅が広くなっている。もちろん、競争も激しい。相乗効果が出るしかない」と説明した。
それもそのことがチームは、昨年10月シューティせ監督就任後、22試合を行い、16勝3分け3敗を記録した。 2015年の成績だけ置いて見ると、18試合で14勝3分け1敗、勝率77.7%に達する。来るミャンマー(12日)、ラオス(17日A)までのすべての勝利と16勝で8割に達している。韓国サッカー代表チームが一年16勝を収めたのは、1980年以来、35年ぶりだ。
「最も信頼されている選手、競争という言葉が似合わない選手」という質問に「私も絶対競争から逃れることはできない。絶対!」と強調した彼は、「シューティせ監督が赴任し、グラウンドで良い姿を見せてくれなければ、競争で押されるという認識が選手団の間に強く埋め込まれている」とし「私も競争が動機となる。また、監督が必要なサッカーをするために個人的な努力もたくさんある」と説明した。続いて「サッカー場では韓国、ヨーロッパを問わず競争が潜んでいる」とし「個人的な努力なしに生存することができない。私も常に現状に満足せず、成長するために個人的な努力をたくさんする」と伝えた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する