「EPL MF」キ・ソンヨン、パスのクラスが異なっていた

Category: ハン・ヘジン  

キ・ソンヨン
パスのクラスが異なっていた。韓国サッカー代表チームのキャプテンキ・ソンヨン(26、スウォンジー・シティ)が洗練されたパッシング力をもとに、中原を支配し、自分のクラスを証明した。

ウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表チームは12日午後8時、水原ワールドカップ競技場で行われたミャンマーと2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG 5戦でイ・ジェソン、ク・ジャチョル、チャン・ヒョンス、ナム・テヒの連続ゴールに力づけられて4-0完勝を収めた。これで韓国は最近、Aマッチ12試合連続無敗を継続した、勝ち点15点でGの単独首位をしっかりした。

先制点が重要な試合だった。予想通り、ミャンマーは厚いスビビョクを携え、韓国の攻撃を防ぐことに集中しており、韓国は積極的な4-1-4-1に基づいてボール支配率を高め、試合を支配した。

ややもすると苦しい試合の流れにつながる可能性があったが、韓国は一回のチャンスを完全に生かした。フィクサーはイ・ジェソンだった。前半17分、中盤でボールをキャッチキ・ソンヨンが幻想的な中距離パスを接続して、これをイ・ジェソンが受け入れ冷静に仕上げました。
もちろん、イ・ジェソンの浸透とゴール決定力が印象的だった。しかし、このより輝いたのはキ・ソンヨンの大地を分ける中距離パスであった。それこそ宅配パスであった。中盤でボールをキャッチキ・ソンヨンは、右サイドに浸透するイ・ジェソンを見て完璧なパスを接続して、最終的にはこれが得点につながった。

水を得た魚であった。先制点を記録しようキ・ソンヨンがより積極的に上がり、広い視野と洗練されたパッシング力をもとに、中原を掌握した。ここで強烈なシュートで決定的なチャンスまで作った。前半32分磁鉄のオープンパスを受けたキ・ソンヨンが遠くから強力なミドルシュートを試みたが、ゴールキーパーのファインプレーに防がれた。

後半にもキ・ソンヨンの活躍は続いた。一言でチャンスメーカーであった。キ・ソンヨンは特有の安定ボールキープと感覚的なドリブル突破で攻撃の始発点の役割をし、継続してチャンスを作った。また、安定した守備力と試合調整能力を示し、中原を心強く守った。

イングリッシュプレミアリーグ(EPL)でもトップクラスのミッドフィルダーで指折りのキ・ソンヨン。やはりキ・ソンヨンは韓国中原の中核であり、クラスが別のパスで韓国の勝利を導いた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2015_11_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索




.