韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2015.11.12.Thu

6月ミャンマー前のスペース踏んで勝利の主役されたキ・ソンヨン

キ・ソンヨン
「キャプテン」キ・ソンヨン(26・スウォンジー・シティ)が存在感を誇ってミャンマーに勝利を導いた。

キ・ソンヨンは12日午後8時、水原ワールドカップ競技場で開かれた韓国とミャンマーとの2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG第5戦でフルタイム活躍し4-0の勝利を導いた。

韓国は去る6月行ったミャンマーとの直接対決で2-0の勝利を収めた。しかし、競技力は良くなかった。ミャンマーの密集守備に苦戦し、セットプレーから出てきた2点ようやく勝利を収めた。

キ・ソンヨンの空白が感じられた試合だった。当時、キ・ソンヨンは膝の手術を受け、代表チームに合流していなかった。代わりに、シューティケホに初めて乗船したチョン・ウヨン(26・ヴィッセル神戸)がキ・ソンヨンの桁に乗り出したが、空の桁を完全に満たしてはいないという評価であった。

しかし、今回はキ・ソンヨンがあった。


ウリ・シュティーリケ(61・ドイツ)監督はチョン・ウヨンを守備的MFに下げた後、キ・ソンヨンとク・ジャチョル(26・アウグスブルク)を攻撃2線まで上げミャンマー密集守備解体に乗り出した。

戦術は成功した。守備の負担を投げキ・ソンヨンは、積極的にゴール前に侵入して、直接ディフェンダーとぶつかりながらゴールネットを狙った。攻撃が解けないときは下に降りてきて、長期的なパスを利用してゲームを解放していった。

キ・ソンヨンの足で先制点が出てきた。キ・ソンヨンは前半18分、ハーフライン付近でボールを取った後、右サイドを殺到するイ・ジェソン(23・全北)を見た。長いパスが正確に接続されたし、イ・ジェソンが落ち着いて左足シュートで仕上げた。
早い時間いつゴールを決めた韓国は、余裕を持って試合を解放した。
キ・ソンヨンはさらに攻撃に積極性を帯び第二のゴール作り出した。相手陣営に深く浸透したキ・ソンヨンは守備二人をつけても、ボールを守った後、チ・ドンウォン(24・アウグスブルク)にバトンを渡した。チ・ドンウォンのクロスは、ク・ジャチョルに配信されて追加点続いた。
長期的な撮影も披露した。
前半32分、ノーマークの状態でボールをキャッチキ・ソンヨンは遠い距離から、遅滞なく、強力な右足シュートを放った。相手GKが身を投げてやっと防いだ。
後半に入ってキ・ソンヨンの攻撃はさらに濃くなった。後半23分には、相手ゴール左から秀麗なドリブルでFKを得るためにもしたし、後半36分には、心に決めて放った右足がシュートを軽く外れ相手の雑談を冷やした。
攻撃ポイントに役立つ一本を上げるとどまったが、大勝をけん引した存在感は否めなかった。
キ・ソンヨンは最近、プレミアリーグ100試合出場記録を立てた。引退したパク・チソン(34)に続き、韓国人では二番目に成し遂げた成果である。
いつのまにかAマッチ出場記録も79回に増やした。センチュリークラブ(Aマッチ100試合)に参加も遠くない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4611-33dd4506

 | HOME |