今回も裏切りなかった」Key」ソンヨン

キ・ソンヨン
今回も裏切りはなかった。キ・ソンヨンは韓国の攻撃と守備の確実な「キー(Key)」であった。

12日午後8時、水原ワールドカップ競技場で開かれた2018 FIFA(国際サッカー連盟)ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG第5戦でウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー国家代表チームがミャンマーを4-0で下し全勝行進をだった。韓国は前半18分イ・ジェソン、後半30分ク・ジャチョル、後半37分チャン・ヒョンス、後半41分ナム・テヒがリレーゴールを決め、ミャンマーを下して2次予選に行った5試合ですべて勝利底力を誇示した。

この日のキ・ソンヨンはチョン・ウヨンとペアを組んで韓国の腰を担当した。しかし、位置的には差があった。チョン・ウヨンが守備に集中して守備ラインの近くで行われた場合、キ・ソンヨンはチ・ドンウォン、ク・ジャチョル、イ・ジェソンなどがある2線の近くで攻撃に出発点として活躍した。

キ・ソンヨンはいつものように鋭いパスと状況を貫く広い視野で韓国の攻撃に大きな力になった。事実上、キ・ソンヨンが試合を支配したとしても過言ではないほどであった。
さらに、攻撃ポイントまで記録した。キ・ソンヨンは前半18分決まったイ・ジェソンの先制ゴール状況で完璧な支援を上げた。この時、ハーフライン付近でボールをキャッチキ・ソンヨンはゴール前に殺到していたイ・ジェソンを見てロングパスを刺し与え、これをイ・ジェソンが受け入れ得点につながった。キ・ソンヨンの正確なパスがあったからこそ可能な得点だった。

その後もキ・ソンヨンは活発な動きに韓国攻撃に重要な役をした。試合のテンポを調節する調整能力も優れていた。そうするうちに前半32分に強力なミドルシュートまでビートファンの弾性を催した。その90分の間、ミャンマー、攻撃と守備を制圧したキ・ソンヨンは韓国の予選5連勝を作りながらゲームを終えた。

断然キ・ソンヨンがあったから可能だった勝利だった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク