韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

代替不可」キ・ソンヨン、代表宝物である宿題

キ・ソンヨン
大韓民国サッカー代表チームがミャンマーを4-0で撃破した。

韓国は12日、水原で開かれた2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選でミャンマーを4-0で勝ち5連勝を走った。
結果は完勝だが、試合内容面では物足りなさも残った。韓国は相対的に弱体に会ったとき密集守備を開け出す方法​​をまだ完全に解放さ出せなかったという感じが残った試合だった。

前半イ・ジェソン(全北)とク・ジャチョル(アウグスブルク)の連続ゴールが起き、よく解けるようにしていた試合は、後半開始と同時にリベットた。ミャンマーがゴールキーパーを除く10人のフィールドプレーヤーがすべて韓国の攻撃陣営に集まってタイトな密集守備を広げたからである。

ミャンマーの密集守備は、単純な人海戦術ではなく、キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)をかちかち結ぶ守備だった。ミャンマーはこの日の試合序盤からキ・ソンヨンに対人マークディフェンダーを付けるなど、「オールドた「戦術も拒まなかった。
しかし、前半だけで韓国に2点を可能にしよう後半開始と同時にキ・ソンヨンのパスを遮断する密集守備に力を傾けた。
韓国の先制点は、イ・ジェソンが入れたが、事実上のキ・ソンヨンが浮いて食べさせ州のようにしてキルパスを受けたイ・ジェソンがゴール接続したという点に注目しなければならない。ここで前半韓国の攻撃のほとんどがキ・ソンヨンがプリョジュは、パスを介して出てきたという点は韓国サッカー代表チームに宿題を投げかけた。それだけキ・ソンヨンへの依存度が激しいという意味である。

ウリ・シュティーリケ韓国監督は、最終的に後半の半ばソン・フンミン(トッテナム)とナム・テヒ(レクウィヤ)を投入して攻撃に新しい活路を訪れた。これが「神の一枚」となったのは、最終的に奇誠庸だけに頼っていた攻撃ルートをソン・フンミンの突破とナム・テヒのパスで多様に作ったからである。韓国の4点目だったナム・テヒのくさびゴールは事実上ソン・フンミンとナム・テヒがパスをやりとりして密集守備の中で空間を作ってたので可能だった。
この日、イ・チョンヨン(クリスタルパレス)がベンチを保つ間イ・ジェソンがイ・チョンヨンの場で大活躍した。しかし、キ・ソンヨンが外れるその場を完全に置き換えることが資源はまだぴったりピンチ誰と思い浮かべにくい。 「パスマスター」キ・ソンヨンの存在は、韓国代表チームの最大の武器だが、同時にキ・ソンヨンの過度の依存は、毒になることもある。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索