空輸パーフェクト、キ・ソンヨンは無欠点ミッドフィルダーだ

キ・ソンヨン


欠点を見つけることができないキ・ソンヨンである。キ・ソンヨンが代表の気持ちの良い大勝をけん引した。

ウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表チームは17日午後9時ラオスビエンチャンに位置するラオス国立競技場で行われた2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG第6戦ラオスとの試合で5-0完勝を記録した。これで韓国は無失点6戦全勝、勝ち点18点で1位の座を確固たるものにし、事実上の最終予選進出を決めた。加えて、2015年の最後のAマッチで有終の美を収めるのに成功した。

この日の試合は、予想よりも少ない観衆がスタジアムを見つけ、多少寂しい雰囲気も演出された。ラオス代表の観衆動員力は期待以下であった。むしろ断続的に現地で韓国代表チームを応援する同胞の声がより一層明確に聞こえるほどだった。

しかし、皮肉なことににフィールド上にはいっぱいだった。 22人の装丁が走ってそのようなものではない。この日は、有毒な選手の存在感が格別だったその選手の動きだけでも十分にずっしりした。まさに代表中原の核キ・ソンヨンである。


意見の余地のない最高の活躍だった。重要性が格別な先制ゴールもキ・ソンヨンの足の端から出てきた。キ・ソンヨンは前半2分ソッキョン潤得たPKを無駄なく仕上げてラオスのゴールネットを揺らした。

しかし、キ・ソンヨンの真骨頂は、先制後に明らかになった。韓国は早い時間先制点にもかかわらず、多少苦しい攻撃展開で追加点を記録していなかった。なかなかこれといった撮影チャンスも出てこなかった。一度はリードが重要であるといっても1-0で前半を終えて後半に入って焦りを持つことができるの流れであった。

この時、キ・ソンヨンが定着に出た。前半32分、ペナルティボックス内に進入したキ・ソンヨンは、各がやや不足している状況で、強力環回転左足シュートを打つ韓国に2点差リードをもたらした。ここで終わらず、2分後には、正確なクロスでソン・フンミンのヘディングゴールを助けた得点の勝利の基礎を築いた。後半にもキ・ソンヨンは代表の中原を堅く守り、無失点勝利の立役者となった。

どの選手も完璧さを備えるのは容易ではない。活動量がトィオナミョン細部を低下することがあり技巧が派手と起伏が激しいことができる。また、鉢がとびきり後バンデトマルに弱点を示す。

しかし、代表中原の核キ・ソンヨンはすべての部分で期待以上の姿を見せてくれている。鉢が右足は評判通り誤差がなく、時々ポン左足も強力な武器であった。活動量、競技調整、中原掌握力などは、すでに検証を終えたキ・ソンヨンである。

シューティケホは無欠点ミッドフィルダーキ・ソンヨンと一緒に2018年ロシアW杯の展望を明るく明かしている。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク