韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2015.11.17.Tue

ミドルライ大きく「キ・ソンヨンが動けば「ゴールが決まった

キ・ソンヨン
「ミドルライ大きく「キ・ソンヨン(26、スウォンジー・シティ)が動けば「ゴール」が起こった。

ウリ・シュティーリケ監督率いる韓国は17日午後(韓国時間)ラオスビエンチャンのラオス国立競技場で行われたラオスとの2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選第6戦のアウェーゲームで一人で2ゴール1アシストを記録したキ・ソンヨンの活躍に支えられ、5-0の大勝を収めた。

同時に記録を立てた。 1980年以来、35年ぶりにAマッチ勝率80%(16勝3分け1敗)を達成し、一年Aマッチ最多無失点(17試合)の記録も更新した。

「キャプテン」キ・ソンヨンが光った試合だった。 4-1-4-1フォーメーションの攻撃的MFとして先発出場したキ・ソンヨンは前半に韓国が入れた4ゴールに直接的または間接的にすべて貢献した。前半3分ソッキョン潤得たPKを次決め、チームにリードを抱かせ前半33分には左足シュートで追加点を挙げた。プロデビュー後、キ・ソンヨンが、マルチゴールを決めたのは今回が初めてである。
キ・ソンヨンは停止しなかった。 2分後にはイ・ジェソンのパスを受け側面を掘り下げた後、正確なクロスでソン・フンミンのヘディングゴールを導いた。そして前半44分にはイ・ジェソンを経て石硯与えたにつながった4点目の始発点になった。

それこそキ・ソンヨンが動けば「ゴール」が起こった。当初ラオスの厚い密集守備と硬い草に苦戦すると予想されたがキ・ソンヨンには問題にならなかった。

キ・ソンヨンの、キ・ソンヨンによる、キ・ソンヨンのための試合だった。韓国のすべての攻撃は、キ・ソンヨンを中心に戻った。彼の足の先端を経攻撃は、ほとんど有意なチャンスにつながった。昨シーズンスウォンジー・シティでミドルライカーに進化したキ・ソンヨンの真価が発揮された一版だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4624-05fb3b8f

 | HOME |