「マルチゴール」キ・ソンヨン、期待裏切らない無欠点エース

キ・ソンヨン
やはりキ・ソンヨン(26、スウォンジー・シティ)であった。期待に応えるプレーを披露し、チームの無欠点エースであることをもう一度刻印させた。

ウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表チームは17日午後9時(韓国時間)、ラオスビエンチャンに位置するラオス国立競技場でラオスと2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG第6戦で5-0大勝を収めた。これにより、代表チームは13試合無敗を継続することになった。

この日の勝利は、キ・ソンヨンが中心であった。いつものようチームの中盤に位置し、試合を調整した。 4-1-4-1フォーメーションを稼動し、より積極的なポジションに位置した。キ・ソンヨンの活躍は前半3分から開始された。ソッキョン準ペナルティボックス右サイドから中央に突破してPKを勝ち取っ、これをキ・ソンヨンが成功させ、韓国はリードを握った。

得点操作につま先が存続キ・ソンヨンは、本人の強力な武器であるパス部分で頭角を現し始めた。前半23分ゴール前に殺到する石硯与えたのを見て、鋭いパスで脅威的なシューティングに貢献した。以来、前半33分パク・チュホのパスを受け、左足シュートでチームの2点目を作り出して大勝の足場を用意した。
キ・ソンヨンの活躍はこれにとどまらなかった。前半34分、これ右サイドからソンフング民意くさびゴールを助けた。後半にもキ・ソンヨンの活躍は止まらなかった。果敢なミドルシュートでラオスの密集守備をケトゥリヌンに一等功臣の役割をし、彼の専売特許である鋭いパスは、活発な攻撃の始まりであった。試合が終了するまで、中盤で攻撃を調整し、司令官の面目を誇示した。
この日の試合では、マルチゴールという活躍を広げたキ・ソンヨン。やはり期待を裏切らない無欠点エースであることをもう一度立証した。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する