キ・ソンヨンの存在が、すぐに「道である

キ・ソンヨン
代表チームで主将キ・ソンヨン(26、スウォンジー・シティ)の存在感は相当なものだ。ラオス前よりは賞賛する言葉と考えがない日ほど完璧な姿であった。

キ・ソンヨンがAマッチ初のマルチゴールの喜びを享受した。キ・ソンヨンは17日、ラオスビエンチャンの国立競技場で行われた2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選ラオスとの第6戦で2ゴール1アシストの大活躍を見せた。

国際サッカー連盟(FIFA)176位の弱体ラオスを迎え代表チームはキ・ソンヨンを積極的に活用する4-1-4-1フォーメーションを取り出した。相手に合わせて空輸能力を備えたキ・ソンヨンを上げ下げアプローチは、今年の韓国サッカーの最大の発見だった。

キ・ソンヨンを積極的位置に置き、光を出したチームは、ラオス戦でも同じ成果を成し遂げた。違いといえば、これまでの攻撃を陣頭指揮していたキ・ソンヨンが直接ゴール欲を出して定着姿まで備えた点である。

過去12日、水原で行われたミャンマーと予選でキ・ソンヨンは、相手の集中守備にも優れパス能力に基づいて密集守備を開けて出すの補助者の役割を果たした。
ラオス前はその逆であった。序盤ペナルティキックでゴルマトを見たキ・ソンヨンは、時間が経つにつれ、より積極的な位置に上がった。これまで2線でパスを分散させてくれたのとは異なり、ペナルティーエリア内でボールをキャッチ始めたキ・ソンヨンは前半33分パク・チュホ(ドルトムント)のパスを受け、GKが身動きできない正確なゴロシュート連結追加ゴールを決めた。

キ・ソンヨンがAマッチで一試合2ゴールを決めたのは、2008年の最初の太極マークを付けるには以後初めてのことである。マルチゴールを決めて精一杯神私キ・ソンヨンは、ゲーム中で最も明るい光を出した。

自分の得点後の2分後、再び補助者に戻りソン・フンミン(トッテナム)の3点目を助けるところ、4番目の石硯与えた(ビトリア)のゴールシーンでも自分の足で攻撃を始め間接的に寄与した。


5-0大勝のピリオドを撮影したソンフング民意5ゴール目もキ・ソンヨンから始まった。左サイドで反対側のゴールに向かって正確にクロスを上げてイ・ジェソン(全北)の頭に合わせた、そのボールがソン・フンミンに続き、5点目のゴールまで接続された。キ・ソンヨンのつま先が5ゴールの両方に関与したわけである。

パスならパスゴールであればゴールまでキ・ソンヨンの攻撃本能は相当しシューティケホは彼の動きにただ笑うだけだった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク