韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

「6年ぶりの國代のフィールドゴール」キ・ソンヨン、本能に忠実だった

キ・ソンヨン
シューティケホ「キャプテン」キ・ソンヨン(26・スウォンジー・シティ)が自分の攻撃本能を存分に見せ、ラオス前大勝を導いた。
キ・ソンヨンは17日午後9時(韓国時間)ラオスビエンチャンのラオス国立競技場で行われた韓国とラオスの2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG6戦に先発出場してフルタイム活躍した。
キ・ソンヨンの攻撃本能が完全に発揮された試合だった。キ・ソンヨンはこの日、決まった5ゴールの両方に関与してしっかりと存在感を現わした。
攻撃的MFとして出場したキ・ソンヨンは前半3分に先制のチャンスをつかんだ。石硯与えた(24・ビトリア)が勝ち取ったペナルティキックのチャンスにキッカーで出たキ・ソンヨンはゴールキーパーを完全にごまかしてボールを右コーナーに押し込んだ。
早い時間ゴルマトを見たキ・ソンヨンは、さらに積極的にからラオスの守備陣をヘジプた。後半33分には、直接ペナルティボックス内に侵入、パク・チュホのパスを左足シュートで連結してゴールネットを揺らした。各がなかった状況でも、ゴールのすぐ隣ネットの中にボールを入れた。

終わりではなかった。 2分後には右サイドから軽く撮って冷たいクロスをソンフング民意頭に接続した。ソンフング民意ヘディングシュートは、ゴールキーパーの足に当たって入っキ・ソンヨンは前半35分に2ゴール1アシストを記録した。
前半44分、石硯与えたのゴールにもキ・ソンヨンがあった。相手ゴール前混戦状況でキ・ソンヨンがイ・ジェソン(23・全北)に引き渡さボール石硯与えたに配信された。後半22分、ソンフング民意ゴールもキ・ソンヨンのクロスから出発した。

この日のキ・ソンヨンはAマッチ80試合ぶりにマルチゴールを記録した。 Aマッチ得点記録は8ゴール増やした。

また、キ・ソンヨンが代表の試合でフィールドゴールを決めたのは、なんと6年1ヶ月ぶりだ。 2009年1月セネガルとの親善試合で、フィールドゴールを決めた後に、すべてペナルティにのみ得点を申告した。

キ・ソンヨンの攻撃本能が発揮されたのは、シューティせ号戦術の変化と関連が深い。シューティせ監督は去る9月からラオスとミャンマーなど密集守備を優先させるチームを倒すために、既存の4-2-3-1典型的に捨てて、より攻撃的な4-1-4-1典型的に選んだ。
これひび割れ代表ホリジンで守備的な役割とボール配給を同時に担当したキ・ソンヨンが2線FWとして上がった。既存のロールをチョン・ウヨン(26・ヴィッセル神戸)やハン・グニョン(25・カタールSC)に預けたまま、キ・ソンヨンはお気軽に攻撃に加担した。
キ・ソンヨンの積極的な才能は、新しいものではない。 2014〜2015シーズンのイングランドプロサッカープレミアリーグでなんと8ゴールを決め、アジア選手EPL最多得点記録を塗り替えた。
ラオス戦では、これまで埋もれていたキ・ソンヨンの攻撃本能が光を放った。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索