2ゴール1アシストキ・ソンヨンラオスにしたことが教えた

キ・ソンヨン
ラオスは、韓国が保有している選手の技量、電力、体力、フィジカルまでいくつかのことができ、以下のチームである。だから、得点の勝利は当然の結果だ。試合前シューティせ号最大の話題は、密集守備に臨むラオスを、いくつかの戦略と戦術で攻略するかであった。これウリ・シュティーリケ監督は毎回そうだったよう先発に変化を与え、最前線のストライカーに石硯与えたの起用する戦略である得点に活路を訪れた。

結局石硯与えたは前半43分、FWに求められる得点出した前半2分には、果敢な突破でPKを誘導こなし、シューティせ号最前線のストライカーの競争で優位に立っている印象深い活躍を広げた。ラオスを相手に追加点を物足りなさは残るが得点予想は外れた。

試合開始とラオスは自陣スタジアム1/4地域で極端な密集守備を広げシューティケホは、これを攻略するために、両方のフルバックキム・チャンス、パク・チュホまでオーバーラップをしようとして圧倒的なシェアの中に多様で積極的な攻撃を繰り広げた。攻略解決策は常に中盤とサイドそして攻撃の最前線まで行き来して、自分の存在価値を確認させたキ・ソンヨンの足とシューティせ号皇太子ソンフング民の頭から出てきた。
これらの活躍で前半絶対優位の競技力を見せてくれたシューティケホは4ゴールを吹きつけ、第1戦8得点の大量得点に次ぐ多得点に青信号を明らかにした。しかし、後半戦の面は前半とは違っていた。前半ラオスが自陣スタジアム1/4地域で広げた密集守備をスタジアム2/4付近まで引き上げるカードを取り出す、シューティケホはチャンスを創出するのに困難経験し、後半22分ようやくソンフングミン追加点を記録するとどまった。

サッカーは弱体チームとの対戦で得点をすることが困難な場合が数多い。これは極端な守備を攻略するための解決策が容易ではないからである。シューティせ号ラオスを相手に第1戦8得点に満たないゴールを記録したのも、まさにこのような理由からである。今シューティせ号最終予選で対戦する相手チームを備えては、ラオス前後半のような攻撃の速度と中央の攻撃の細部を下回っはもちろんCKを、ファウルセットピースの正確性と多様性の欠如を向上させる必要性がある。


実際にはシューティケホにラオスまでの最大の敵はラオスではなく、競技場の芝生の状態であった。ので、より多くのゴールに物足りなさが残る。シューティケホは2018年にロシアの国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップアジア地区2次予選グループG第6戦、ラオス前に大勝を収め、6戦全勝無敗行進で有終の美をおさめた。特に無失点勝利をおさめ、2015年17試合無失点で新しい歴史を書くの成果を収めた。シューティケ号、このような上昇が果たして最終予選でもつながるすでにサッカーファンたちの関心が集められている。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク