「6試合24ゴール」キ・ソンヨン前進配置が作成された変化

キ・ソンヨン
3-0、4-0、そして5-0。
韓国サッカーが消えた。なかなか滑らない。絹勝ち点3という結果がすべてではない。スコアが物語るように、今の相手を確実に制圧することが分かる。大変気持ちの良い変化だ。
シューティせ号もう一度クール勝利を収めた。ウリ・シュティーリケ監督が率いた韓国サッカー代表チームは17日午後9時(韓国時間)、ラオスビエンチャンで開かれた2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアワールドカップアジア地区2次予選で5-0と大勝を収めた。先月ジャマイカとの親善試合3-0、12日、ミャンマー前4-0に続く大勝の連続である。
これまで韓国のAマッチ得点は珍しいことではなかった。シューティケホ発足以前には、相手が誰戦という変数が加われば、いつも胸をゾルであった。実際にはシューティせ監督が赴任した最初のも慢性的なだった得点力の不足の問題は簡単に改善されなかった。低調だった得点力は守備が強調された、いわゆる「沼サッカー」という新造語の裏面に包まれていただけだ。


ところが、最近になって得点力が急激に上昇し始めた。 9月以降、6回のAマッチでのみなんと24ゴールを生み出した。もちろん、一枚下のチームとの対決だったことを勘案しても、韓国サッカーの過去を振り返ってみると、「大勝の連続」は、明らかに見知らぬ結果だ。

その変化の中心に「キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)の前進配置」を欠かすことができない。韓国の戦術が4-2-3-1ではなく、4-1-4-1、すなわちキ・ソンヨンを守備的MFではなく、2線MFとして前進配置した直後から得点が目に見えて存続始めたわけである。守備的な負担を投げキ・ソンヨンが積極的にビルドアップに参加しているのが、その変化の骨子だ。
実際に前と比べ、最近キ・ソンヨンのプレーは一層自由である。布帛を保護し、中原の戦いに力をソトドン前異なり、最近のキ・ソンヨンは前方に布陣している場合が多い。 2線の中央だけでなく、側面や後方、最前線など、そのファルドンポクも広い。

おかげで、キ・ソンヨンは、より進んだ位置からのビルドアップに参加する。特有の正確なパスは、長・短を選ばず前方と側面に向かって、浸透する仲間を向けた正確な浸透パスは、相手のスビビョクを一気に無力化させる。前進配置に自由になった活動の範囲がより多様な攻撃展開が可能になるよう作ってくれている姿である。
最近キ・ソンヨンの攻撃ポイントが大幅に増えたこともやはり同じ脈絡だ。ペナルティキック2ゴールを除いてもキ・ソンヨンは、最近6試合で1ゴール4アシストを記録中だ。攻撃ポイントとはなかなか縁が届かなかった前とは明らかに異なる流れである。キ・ソンヨンの攻撃ポイントとシューティせ号直近のゴール数が比例しているということも偶然ではない。

結局、キ・ソンヨンが前進配置され、キ・ソンヨン自らの存在感も、そしてシューティケホ全体の競技力も一緒に上昇しているという意味である。そして、その変化は競技力だけでなく、引き続い大勝という結果にまで続いている。イングランド舞台を号令するキ・ソンヨンの実力、そしてその実力を極大化したシューティケ監督の選択がもたらした真の気持ちの良い変化だ。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク