韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

ソンヨン"最もとして責任大きく「青龍」私は最近メンタルトレーニング中"

キ・ソンヨン
イギリスで出会った双竜、彼ら夢見る未来

キ・ソンヨン=幼い時、ただ代表だけ見て走った
もう育児・雑用に枚まで見るのに忙しい
事件事故も多かったが、お父さんれ、鉄聞いた

イ・チョンヨン=いつ呼び出し受け取るか分からない、着実に身作成
率直に言って、過去の冬の移籍市場時悩みちょっとした
まだここで成功したい気持ちが大きく
これ以上の初心者ではない。韓国サッカーの時代を導いていく主軸であり、主役である。 2010年南アフリカ共和国、2014年ブラジルに続き、近づく2018年ロシアまで堂々とベテランとして今3番目のワールドカップの舞台を眺める人々だ。ファンたちの大きな愛を受ける複数の太極戦士たちがヨーロッパの舞台ではなく、世界最高のイングランド・プレミアリーグで着実に成功した履歴を書き出す行っているキ・ソンヨン(27・スウォンジー・シティ)とイ・チョンヨン(28・クリスタルパレス)を抜きにして話をすることがはできない。誰よりもお互いがお互いを最もよく知っているコンビの二人は「双竜」と呼ばれてウリ・シュティーリケ(62・ドイツ)監督が率いる代表で大きな役割を果たしている。目つきだけ見ても友達の考えを読んで、また友人の悩みと心配事をよく知っている。
遠い外地からかなり長い時間を過ごしたことだし、お互いの苦情も似たり寄ったりである。スポーツ東亜は3月初めにイギリスのロンドン(クリスタルパレス本拠地)とスウォンジー(スウォンジー・シティゆかりの地)を見つけキ・ソンヨン、イ・チョンヨンとのインタビューをした。キ・ソンヨンとはスウォンジー・シティホーム球場であるリバティ・スタジアムメインレセプションホール、イ・チョンヨンとはロンドンチェルシー地域の小さなカフェで向かい合って座った。それぞれ違って進行したインタビューをサッカートーク形式で解いた。
●試練&挑戦

キ・ソンヨン(以下、基)=シーズンが残り少なくなって購入する。私たちは、FAカップで早目に脱落し、自然に休憩時間が長いから体調を熱心に管理しているが、心のように、最後までよくプルリョヤするであろう。

イ・チョンヨン(以下、この)=それでも君は試合でも着実に私がじゃない。私は率直に言って、最近よくみられなかった経験をしている。率直に言って、精神的に大変な時間です​​。約束のない待つ。ところが、いつ呼び出し受け取るか分からない、着実に体は作成したら...。このようなことがメンタルトレーニングではないかと思います。

期=だから、家族がいることじゃない(キ・ソンヨンの妻ハン・ヘジンさんと娘シオンちゃんは、今年1月からスウォンジー一緒に滞在している)。以前のシングルで過ごすときは、一人支えるのが私の仕事だったが、率直に言って、時間があまりにも速く行くように思える。育児に力を加えしようとして。できるだけ多くの遊んでくれて、雑用も頑張って。チャイルドシートまとめて、シートを見て。

この=エゴ、合わせてね。家族との時間を多くする必要がありするのは合うよ。家族が力の源になったから。難しいが耐えできるようにしてくれんじゃないの。


期=友人や同僚たちも欠かせないだろ。今代表の多くの仲間たちが、ロンドン一帯にすべて集まって住んでいるんじゃない。どうやら私は少し離れていて(スウォンジーロンドンから高速列車で3時間の距離)。子供の頃実感していなかったが、最近では、率直に言って、飛行機に乗るのが一番大変だったよ。昨年までうまく働いた。体が先に言ってくれるように思える。あなたはそうではない?

この=まず精神的なストレスだから。試合の日まで先発出場が予告されているが、一日の間の決定が変わってしまう筒に混乱が多く。このとき、コーチングスタッフから何か説明が必要に、そのような話を通ヘジュシジないから。チームもあまりにも低迷期にあって。寂しいも今のところ我慢しかない。

基=はい、そうだ。私しばらく前まではそうだったんじゃない。君(ボルトンで)着実に出場中、私は賃貸も経験し、理由のない結腸も繰り返したので。多分(この)青龍があなたちょっとその時期が遅くてきた見て。私たちの苦情は似て​​いるだろう。外ではよく理解するのは難しい。アジアの選手なので不当な扱いを受けるも、何も楽しめる距離がない荒涼としたところで、知っている人もなく、一人孤独と戦うでも。


この=以前に私は真の過分の愛を受けたと思います。それでも学ぶ点が全くないわけではない。ベンチに座る時間が長くなり、チームのメンバー全体を理解できるようになったから。出場機会を多く取れなかった仲間たちがどのような心境だったのか改めて理解している。このような感情は本当に良い勉強だと思って。だからといって過去が確実にグリップされたない。 (釘走るという事実に)適応が少ないされただけであって。

期=生存のための巨大な痛み。私一日一日の多くの研究をして。後で海外に挑戦する後輩たちに一言話をすることができるのは本当に良いことだと思う。


●情熱&ビジョン

この=去年の冬の移籍市場で事実悩みを少しした。本当に残してますか?それが正しいのか?選手は汗を流しフィールドを走るときの最大の幸せを感じることができますので。機会を見つけて行こうとしたの。ところが、あまりにも負傷者が多いため、アラン・パーデュー監督が残ってほしいハシドと。だから一度シーズン最後までよく終えるつもりたかった。ただし、今の状況が続けば、夏の移籍市場が開かれた場合、またしれ。

期=私は、私たちも環境だけ少し違うだけで、契約会社員だと思う。ただし国は選手をプレミアリーグでプレーできるようにしてくれたチームと感謝の気持ちは本当に大きい。それでも世の中にサッカー選手という職業を持った人々は多く、その部分がイングランドじゃない。まだ私は満足して感謝を持ちますが、将来はまたしれ。

この=私たちはチームを選択したとき、単純に金銭的条件だけ見ないだろ。発展の余地、ビジョンに最優先基準を三じゃない。クリスタルパレスがは言ってて。徐々に発展の余地があった、投資ももっと積極的に行うように見えた。さらに、パデュー監督が就任後初の移籍市場での日を選択してくれたので、このチームに来てはなり簡単に選択したと思います。
期=私は別の道を真剣に悩んでたりした。ぜひスウォンジー・シティがなくても。やはりクラブの哲学は私捕らえて。私追求するサッカーをできるチームと点が重要だった。チャンピオンシップ(2部リーグ)で昇格したチームと環境的な部分は、いくつかの欠けていたが、幸いなことに、徐々に発展をしたから。あなたは他のリーグは思わないが試した?

この=正直全く考えていない場合偽で。ただしボルトンでチームを移す際に、イングランドが最優先だった。もちろん、今でも大きく考えが違うたない。プレミアリーグが与える魅力と、ここでの成功をしたいという思いが大きく。ただし可能性は開けておこうと。


期=幼い頃にスペインリーグを東京た。環境や条件が合わず機会が開かんでした。今私が最も愛されて着実に試合をプレーすることができている場合、その宛先がどこ大きく関係ない見て。ところが、クリスタルパレスや私たちや競技力自体は少し不足してい?

この=私たちの監督も考えがとても複雑になることだろう。 11〜14人で、ほぼシーズンを消化しているが、ベンチで待っている人にとって、もっとチャンスを与え、体の管理をさせた場合より良くなかったのか。

期=私は自分自身が難しかったよ。シーズン最初の試合から負傷を遭い、娘が生まれ、韓国を往復して、グラス負傷に苦しんで、代表チームをオーガのにチームの成績も少し不安した。いくつかの面で最初に私の考えと完全に逆に帰った。それでも怖いジンない。いくつかの戦いを抜けても、それによる不安感は確実にない。一度、私の道をどのように作成悩んでいる。
●夢&現実

この=最近、私大幅に成長したと思います。かつては私一人だけ思っていた、海外で過ごす時間が長くなるほど、木ではなく、森を眺めることができる視野を抱えている。私の家族、私たちを見て力出せるファンまで。

期=サッカーをする理由がたくさんあり​​ます。やはり家族が大きく。幼い時はただ代表になるという考えだけでサッカーをしたが、今では私の仕事に最善を尽くす正当選手と素晴らしい最もに向かって走っているので。

この=確かに、私たちは鉄は聞いた。技量が大きく発展したと考えはしないが、常に着実に訓練してコンディションを作り、最高の体を維持しようとする姿勢から変わったから。今まで私は歩んできた過程が無駄ドゥェジンなかった見て。

期=幼い頃からオーストラリアで過ごしながら、両親と離れている時間が長く、プロも早く入ってきて、社会生活をすぐに開始し、鉄なかったのはないが、自分自身をコントロールしていない時間があった。それによる事件事故も多かった。幸いなことに、今では感情と心をコントロールすることができ、目も広くなった。
この=汗と努力をどのように投資するかが良い選手とそうでない選手を分ける基準だと思う。すべてのことをあきらめて降りておいても、さすがにサッカーにオールインすることができる姿勢が成功と失敗を計るあろう見て。まだ多くの外国のクラブで韓国選手を認めて見つけることが、最終的に誠実じゃない。かつて私は幸せだという考えをして。単に生活の価値が出場のではないか。私は持っているものよりもはるかに大きい認定も受けてい。

基=はい、合わせて話よ。私たちは少し不振も叱咤を受けることは、それだけ私たちを眺める人々の期待が大きくなったことを示しじゃない。常に爽快ず冷静に、いつでもどこでも初心を忘れずに走れば幸せを見つけることができるでしょう。私たちは真の幸せなプレーヤーたちよ。私たちの今のように、いつもきれいにしてみよう。今までよくきじゃない。頑張って眠っている。ファイティング!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索