韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

いつのまにか81番目、いつも一途だったキ・ソンヨン

キ・ソンヨン


韓国サッカー国家代表チーム(Aチーム)「キャプテン」キ・ソンヨンがいつのまにか第81回Aマッチを控えている。キ・ソンヨンは24日午後8時酸と〜スタジアムで開催される2018 FIFA(国際サッカー連盟)ロシアワールドカップアジア地区2次予選グループG 7次レバノン戦の先発出場が有力である。シューティケホキャプテンであり、中原司令官キ・ソンヨンが試合に出れば81番目のAマッチに記録される。

キ・ソンヨンは今から約7年6ヶ月前Aマッチデビューを果たした。 2008年9月5日に行われ、ヨルダン戦を通じてだ。ヨルダン戦は、2010年FIFAワールドカップアジア最終予選の初戦を開始する前に行った最後の強化試合だったが、キ・ソンヨンは十九歳と若い年齢にもかかわらず、ホ・ジョンム当時A代表チーム監督(現韓国プロサッカー連盟副)のガンタエクを受けて合流した。

当時サッカー界では、キ・ソンヨンがまっすぐ最終予選に投入されるには無理だとした。 2年後に開催される南アフリカ共和国ワールドカップのための経験積むなら理解できる抜擢だが、すぐにA代表の電力に重宝される円容易ではないと評価した。キ・ソンヨンが10代の子供やという点、プロとしてのキャリアもそれほど多くないという点でそう
しかし、サッカー界の予測は間違っていた。キ・ソンヨンは最初のゲームからベテランのようにプレーし、特に2008年9月10日、中国上海で開催された南アフリカ共和国ワールドカップアジア最終予選1次北朝鮮戦では、0-1でリードされた後半劇的同点ゴールを決めホ・ジョンム号を求めた。もし北朝鮮戦でキ・ソンヨンのゴールなし0-1でとすれば、南アフリカ共和国ワールドカップ本選進出はなかったことになることもできた。

北朝鮮戦で劇的同点ゴールを決め、名前を知らせたキ・ソンヨンは、その後ホ・ジョンム号ミッドフィルダーレギュラーの座を横取りした。当時Aチーム腰円全地域で走ることができる朴智星をはじめ、金南一・杜・キム・ジョンウ・チョ・ウォンヒなどの実力と経験を兼ね備えた選手が多かった。しかし、キ・ソンヨンは綺羅星のよう先輩をベンチに座らせ先発出場回数を迅速に増やし地位を固めた。
約7年6ヶ月前、つまり2008年9月以降、キ・ソンヨンは韓国サッカーのために本当に多くの試合を走った。南アフリカ共和国ワールドカップ本選で活躍し、2014年FIFAブラジルワールドカップでもプレーした。その間開かれた二回のAFC(アジアサッカー連盟)アジアカップ(2011・2015年)も消化した、2012年にはホン保護一員として2012年ロンドン五輪に参加し、韓国サッカー史上初のオリンピックサッカー競技銅メダル獲得にも貢献した。

ありがたいこと幼い頃から非常に多くの試合に出場し、さらにヨーロッパにおいて長い飛行を頻繁に耐えなければならにもかかわらず、いつもひたむきな姿を見せたという点である。振り返ってみると、キ・ソンヨンが出場した試合で確実にがっかりしたか、大きなミスを犯した記憶を探すのが容易ではない。 80回という多くのAマッチを払いにも関わらずだ。もちろん、チーム全体が圧倒された試合では、何の活躍をしていない時もあったが、個人の誤りや不足はなかったようだ。
自分の81番目のAマッチを控えたキ・ソンヨンはレバノン戦勝敗は重要ではないが代表ユニフォームを着るホツル走ることができないと必勝の意志を明らかにした。また、国家代表選手としての資格を備えていることをレバノン戦無失点勝利で証明するという覚悟も私の映した。ただ言葉にする決意であった頼もしい悪いのは、過去八十回のAマッチで示されているひたむきさである。キ・ソンヨンのそのひたむきさがレバノン戦無失点勝利への足がかりになることを期待している。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索