韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.03.25.Fri

レバノン戦、劇的な勝利導いた「主将キ・ソンヨン」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)が劇的な勝利の隠れた主役となった。

ウリ・シュティーリケ監督率いる大韓民国サッカー代表チームは、3月24日午後8時鞍山とスタジアムでレバノンと「2018 FIFAロシアワールドカップアジア地区2次予選」のG 7戦を行った。韓国は後半ロスタイム​​に出てきたイジョンヒョプのゴールを前面に出してレバノンに1-0で勝利を収めた。

韓国はこの日の試合前までレバノンを相手に8勝2分け1敗を記録した。代表チームで良い活躍を広げたソン・フンミン(トッテナム)が合流していなかったが、韓国の電力は依然として強かった。韓国はレバノンとの試合で優勢が予想された。

韓国は70から30程度の状況をゲーム最後まで維持した。韓国は、高いボール支配率を持っていくレバノンの左右側面を攻略した。硫黄条のシュートは強力たク・ジャチョルの動きは、これまでになく活発だった。イ・チョンヨンとイ・ジェソンは、サイドを突破し、シュートチャンスを作るために努力した。


先制は簡単に出てこなかった。レバノンの目標は明らかだった。レバノンは勝ち点1点が必要だった。レバノンは序盤から守備に力を加えながら韓国の攻撃を防いだ。レバノンの逆襲を試みながら得点を狙うもしたが、全体的な焦点は、守備に合わせた。

前半を終えたときボール支配率は75-25であった。しかし、0-0の同点に45分間続いた。レバノンの思い通りに試合の流れが展開された。

後半入って韓国のサイドバックが攻撃に積極的に加担した。キム・ジンスの動きは相手守備陣を揺れるようだった。韓国は試合の流れをさらに主導し撮影チャンスを作った。

韓国のシュートはレバノンゴールキーパーのファインプレーに詰まったりスビビョクを貫くなかった。韓国はイジョンヒョプ、ナム・テヒ、石硯与えたの投入しながら積極的に試合を行った。
後半ロスタイムになってから0-0の均衡が破られた。静かに工数を調整していたキ・ソンヨンが最後の瞬間に高い集中力を発揮した。キ・ソンヨンはディフェンダー3人を瞬間的に弾き出すながら高速でゴールに向かって疾走した。キ・ソンヨンはゴール左を突破した後にイジョンヒョプに正確なパスを接続した。イジョンヒョプはキ・ソンヨンのパスをゴールに仕上げながら、決勝ゴールの主人公になった。イジョンヒョプのゴールは韓国の勝利につながった。韓国がレバノンに1-0で勝利した。


決勝ゴールを決めた選手はイ・ジョンヒョプである。しかし、イ・ジョンヒョプを輝かせた選手は主将キ・ソンヨンである。キ・ソンヨンは、マルチゴールを記録したラオスとの第6戦とは異なり、空輸調整に集中した。キ・ソンヨンは最近に出場したAマッチでの積極的な動きを3ゴールや入れた。

キ・ソンヨンはレバノン戦でゴールの代わりにアシストを記録した。キ・ソンヨンは重要な瞬間にチームを危機から救ったし主将の役割まで完全にやり遂げた。 Aマッチ81回目出場試合でも無失点勝利を導いたキ・ソンヨンは代表のキープレーヤーとしての価値をもう一度証明した。

シューティケホ主張が帰ってきた王子を輝かせながら、チームの無失点連勝記録は進行形で残るた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4660-79da0ac7

 | HOME |