韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.03.27.Sun

キ・ソンヨン、「キャプテンと責任感に耐え155分

キ・ソンヨン
「キャプテン」キ・ソンヨン(27・スウォンジー・シティ)は困難であった。

20日(韓国時間)アストン・ヴィラ戦を終えた後、英国で13時間飛行機に乗って、21日に韓国に飛んできた。そして、24日、レバノンとの2018年のロシアワールドカップアジア地区2次予選第7戦で90分フルタイムを消化した。キ・ソンヨンは27日、タイ・バンコクの受波分割​​が間スタジアムで行われたタイとの親善試合でも後半20分までグラウンドを歩き回った。四日間155分を走った。

キ・ソンヨンはウリ・シュティーリケ監督就任以来、昨年東亜試案コップを除いて、すべてのAマッチに招集されたし出場した。ヨーロッパと韓国を行き来が容易でなかったが、持ちこたえることができる武器はキャプテンの責任だった。キ・ソンヨンは昨年1月、オーストラリアのアジアカップの時からシューティせ号「キャプテン」として誕生した。

この日のキ・ソンヨンは4-2-3-1のフォーメーションでシャドウストライカーに出た。 「ダブルボルランチ(二人の守備的MF)」には、びっくり抜擢されたコ・ミョンジン(アルライアン)とチョン・ウヨン(重慶リパン)が配置された。

攻撃的MFは、キ・ソンヨンに厄介なポジションではなかった。昨年シューティせ監督が4-1-4-1の攻撃的なフォーメーションを稼動したときにもシャドウストライカーとして攻撃を調整した。
タイ戦でもキ・ソンヨンの能力は、光を放った。ボール行くどこでもキ・ソンヨンが見えた。連結の輪の役割をしながら、ナム・テヒとコ・ミョンジンがストライカー資源である石硯与えたとイ・ジョンヒョプにキルパスを刺し与えることができる機会を与えられた。特にキ・ソンヨンは相手DFを引いて降りてきて、相手裏のスペースを開けてくれる役割も担った。

最近キ・ソンヨンは脳震盪と軽い捻挫などの頻繁な負傷のため、所属チームでなかなか機会を得られなかった。耳回し監督就任以来、多少不慣れな側面攻撃手に出る場合が多かった。しかし、シューティせ監督の配慮で3月Aマッチでウォンなく走った。スウォンジー・シティに戻って、今回のAマッチでの競技力を維持すれば、再びレギュラーの座を取り戻すことは時間の問題であるようだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4663-111d7255

 | HOME |