韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

キ・ソンヨン、自分自身を証明した」シューティケホ代替不可」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(27・スウォンジー・シティ)は、やはり「代替不可」核心資源である。シューティケ号の3月のAマッチ一定で唯一の2試合連続先発出場した部分、一つだけ見ても、これを証明している。さらに重要なのは出場だけにとどまらず、毎試合グラウンドでチームの中心を取ってくれているという事実である。

ウリ・シュティーリケ(62・ドイツ)監督が率いる韓国サッカー代表チームが3月Aマッチスケジュールを2連勝で終えた。過去24日京畿道安山とスタジアムで行ったレバノンとの「2018ロシアワールドカップアジア2次予選」グループリーグG組第7戦でイジョンヒョプ(蔚山)の劇的な決勝ゴールに支えられ、1-0で勝利した。続いて27日には、タイでの遠征を残すAマッチ評価試合を行っ石硯与えた(FCポルト)の決勝ゴールを前面に出して1-0で勝った。表面的に2連勝を収めたが、競技力の面では、物足りなさが大きい。所属チームの試合に出場できずにいる欧州組の不振が致命的であり、昨年11月以来4カ月ぶりに招集されたせいで、組織力も大きく揺れる姿だった。それにも一つの希望がある場合、すぐキ・ソンヨンの存在感である。
シューティせ監督は、今回の代表メンバーを発表し、「所属チームの試合に出場できずにいる欧州組を招集して競技力を確認する」と宣言した。実際にパク・チュホ(ドルトムント)キム・ジンス(ホッフェンハイム)、イ・チョンヨン(クリスタルパレス)は、所属チームレギュラー争いで押されて、ベンチを守る時間が多い。 Aマッチを介してこれらの試合の感覚を引き上げることができるような機会を与えるという意味もあるが、逆に最後のチャンスという無言のメッセージも込められていた。キ・ソンヨンも例外ではない。
キ・ソンヨンは今シーズン序盤から負傷に苦しめられ、監督が変わり、側面攻撃手に起用されるなど、大変な時期を送っている。得点記録だけ調べても、昨シーズン8ゴールを決め、チーム最多ゴール選手に名前を上げたが、今シーズン1ゴールにとどまっている。イングランド現地メディアはこれを置いて「キ・ソンヨン不振の謎」と表現し、Aマッチのために長距離飛行に疲労蓄積を原因として挙げることもあった。

このような状況でも、キ・ソンヨンは揺れない競技力で韓国最高の選手であることを証明した。レバノン戦では終盤決定的なアシストで勝利の足場を用意した。タイ戦でもチームに安定感を吹き込んだ。今回の日程で唯一150分以上を消化した。体力的に疲れ法もが旺盛な活動力に信頼性の高い技量に「キャプテン」の品格を自ら証明した。キ・ソンヨンはやはりシューティせ号の代替不可選手だ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索