韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

「目つきが尽くした "...ハン・ヘジン、ドクターズ特別出演の良い例

ハン・へジン
俳優ハン・ヘジンが特別出演にふさわしい存在感を誇っていた。

ハン・ヘジンは26、27日SBS月火ドラマ「ドクターズ」(脚本ハ・ミョンフイ、演出オ・チュンファン)11、12回の階段で転がり落ち、脳損傷を身に着けて乳酸であるシンドローム(locked-in syndrome)に陥ることになるチョ・スジ役で特別出演した。

乳酸のシンドロームは、意識はあるが、外部刺激に反応していない症状。これハン・ヘジンは、セリフや身振りなくただ目つきで演技を繰り広げる内攻を行った。

ハン・ヘジンは「温かい一言」以来3年ぶりに特別出演をすることになった。出産、育児による空白が全く色あせるほど深くなった演技を披露した。ストーカーの脅迫にパルル震える目やソスラ打た驚く表情、医師にご救ってほしいと切実な視線までハン・ヘジンの演技は、画面を掌握するのに十分であった。

特にハン・ヘジンが出てくるシーンは、瞬間最高視聴率を記録した。11回放送分でチョ・スジ(ハン・ヘジン)は、ユ・ヘジョン(パク・シネ)と出会う場面が最高視聴率を記録したことに続き、12回目の放送分では、助手地正常に手術してくれた感謝の気持ちで、手のひらのハートを描くシーンが最高視聴率25.85%まで記録した。

ハン・ヘジンの所属事務所ツリーアクターズ側は「ハン・ヘジンはハ・ミョンフイ作家との縁で出演を決心した台本を受けて、多くの苦心をして演技した。セリフではなく、指紋演技する必要がしたのでハン・ヘジンがさらに台本を熱心に研究して、気を使う様子だった」とし「久しぶりに演技をお見せした多くの方々が良く見てくださって関心を持っていただきありがとうございある。今後も良い姿で視聴者の皆さんを見つけていく」と伝えた。

一方、「ドクターズ」は、毎週月、火曜日に放送される。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索