韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.10.06.Thu

「キャプテンの品格」キ・ソンヨンに始めキ・ソンヨンに終わったカタール戦

キ・ソンヨン
'キャプテン」の品格は格別だった。キ・ソンヨン(27・スウォンジー・シティ)がグラウンドを縦横無尽に「シューティケホ」に貴重な勝ち点3をもたらした。

ウリ・シュティーリケ(62)監督が率いる韓国サッカー代表チームは6日、水原ワールドカップ競技場で開かれたカタールとの「2018ロシアワールドカップアジア最終予選第3戦で3-2の勝利を収めた。

キ・ソンヨンに始めキ・ソンヨンに終わった試合だった。この日のキ・ソンヨンは中盤のMFで先発出場し交換せずに90分フルタイムを走って1ゴール1アシストで大活躍した。

キ・ソンヨンは前半10分、先制ゴールを決め、開始から試合を支配した。ペナルティアーク付近でソン・フンミンからパスを受けたキ・ソンヨンは右足で落ち着いてミドルシュートをしようとした、これは正確にカタールのゴールネットを揺らした。応援車競技場を訪れた夫人ハン・ヘジンにプレゼントするハートセレモニーと同じくらい爽快なゴールだった。終わりではない。前半13分にもペナルティエリアからの脅威的なシュートを放った。たとえゴールキーパーのファインプレーに詰まったが、「水になった「キ・ソンヨンを正しく感じることができる場面だった。

守備でも中心はキ・ソンヨンだった。韓国が後半失点せずに試合を終えることができた原動力でもある。驚異的な動きに基づいてグラウンドの端と端を掌握した。特にホン・ジョンホ退場後に布帛守備ラインに降り後半25分グァック・テフィが投入されるまで守備の安定を図る姿は主将としての責任感をそのまま見せる部分であった。

先に進んだ1〜2戦でもキ・ソンヨンは二、三人の分け前を単独で担当した。中心部から試合を解決していくことはもちろん、攻撃的MFとして詰まっている攻撃の穴を打った。相手の逆襲状況では、守備の一番下まで降りてきて肉弾戦も辞さなかった。マルチプレイヤーが別々になかった。

問題は、「体力」、戦術的比重が大きいみると、体力的消耗が他の選手に比べて大きくならざるをえなかった。しかし、今回は違った。過去の週末まで所属チームで試合をプレーしたことが色あせるほど、最後まで彼の足は休まず動いた。今日の主人公は断然キ・ソンヨンだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4778-6085ae85

 | HOME |