韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

キ・ソンヨンはあったが、開く必要があるドアがなかった

2016/10/12 20:18 ジャンル: Category:ハン・ヘジン
TB(0) | CM(0) Edit

キ・ソンヨン
韓国代表のキーらしくアザディスタジアムを熱心に縫ったキ・ソンヨンだった。しかし、鍵は準備ができてたが、そのツールを使って開く必要がドアが見えなかった。キ・ソンヨンは忙しく動いたが、自分のパスを受けてくれる空間を終え見つからないようにした。

11日の夜11時45分(韓国時間)とテヘランにあるアザディスタジアムでキックオフされた2018 FIFA(国際サッカー連盟)ロシアワールドカップアジア最終予選A組4次と前の韓国が0-1で敗れた。韓国は前半25分とのサルダル・アズムンに先制ゴールを許した後のゴールを挽回できず、ひざまずいた。これで韓国は最終予選で初黒星(2勝1分け1敗、勝ち点7)を記録するようになった、順位も再び3位にした階段に落ちた。

強く圧迫することなく、適度についてくれる韓国の序盤戦術はイランに正しく読まれたように見えた。イランは序盤から勝負を浮かべて韓国を激しく運転打ち、その過程で韓国は、ほとんどのパス街角を遮断された。イランが先制ゴール後フォーメーション全体をある程度傾けよかったものを、そうでなければ、韓国は試合を通してボール支配率をすることさえ難しかったこともある。

その中でパスのルートを開拓してみようしていた選手は気成用だった。あまりにも圧倒された試合であったはずでシューティケホ全体のパフォーマンスが良くなかったが、キ・ソンヨンはいけないよかった。序盤から一方的守勢に置かれた韓国は前半13分キ・ソンヨンの大地を分けるスペースパスした部屋に渡した勢いをある程度取り戻してきた。苦しい流れが続く直接後方まで降りてきたキ・ソンヨンはイ・チョンヨンがある右側面に向かって美しいパスを分散させた。脅迫的な状況まで連携ドゥェジンなかったが、試み自体が鼓舞場面だった。

その後もキ・ソンヨンは自ら「キー」になるというように適材適所で動いた。エースソン・フンミンある左側面に、意外にも多くのパスをスプレーしていない点は残念ながら、右側面だけ適切に利用したキ・ソンヨンである。細かくしたと守備陣を相手に側面のスペースが開かれるたびに、正確なパスを接続した。

キ・ソンヨンは失点以降、さらに多くそして頻繁に後方に降りてきた。中央に位置する韓国ヤングパス起点に立って役を忠実に実行していなかった、というの素早い逆襲に守備陣営のビルドアップ自体が容易でなかったので、最終的には、キ・ソンヨンが必要だった。

しかし、キ・ソンヨンの奮闘には、失われた流れを取り戻してくるすることができませんでした。キ・ソンヨンがあちこちにパスを試してみても、韓国のゴール接続することができるドアはグラウンド上のどこにも存在しかがめなかった。多分最初から完全になかったのかもしれない。それだけ韓国の競技力は良くなかった。キ・ソンヨンという良い鍵は、そのような使われ方を見つけられないままこの日の試合でその用途を失った。時間が経つにつれ、仕方なく守備のみ重点を置くしかなかった流れであったが、あまりにも惜しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -