韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.10.12.Wed

キ・ソンヨンのシューティケ擁護、「監督だけ責任を負うするのはない "

キ・ソンヨン
シューティせ号主将キ・ソンヨンがイラン戦敗北の責任をシューティせ監督と一緒に痛感した。

ウリ・シュティーリケ監督率いる韓国は11日午後11時45分(韓国時間)アザディスタジアムで行われた2018 FIFA(国際サッカー連盟)ロシアワールドカップアジア最終予選A組第4戦でイランに0-1で敗れた。この日の敗北で、韓国はA組首位に浮上のチャンスを逃してしまった。

負けても負けたが、試合後のシューティせ監督の発言が話題になった。貧困な攻撃をはじめとする競技力に失望した彼が"ソリアのような選手がいなくてなった」と他の国の選手を比較対象に追加されたもの。セバスチャン音を知っているロシアワールドカップ予選第3戦で韓国を相手にゴールを決めた選手だ。

これに対してキ・ソンヨンはシューティせ監督が十分にそのことに反応を見せた。キ・ソンヨンは「キャプテンとして(監督を)見てきた時は韓国人ではないので、メディアコミュニケーションなど、多くの部分が大変だろう。特に今日のような試合はどう飛ぶことがあり感情的に失望をすることもできる」とシューティせ監督を理解するという立場を明らかにした。

その一方で、「選手たちが失望したのは事実」と多少の物足りなさを明らかにしたキ・ソンヨンは「今からが力を合わせて進まなければならない時期だ。誰が誤って責任を持ってそんなことよりも、全体的に責任を負う部分である。監督だけ責任を負うわけではないとみなす。選手たちも結果に対して責任を負うべきだ」との共同の責任を痛感した。

シューティケ監督の「ソリア発言」に対しては「選手たちがあまりにも否定的に受け入れていない場合である。シューティケ監督が怒っていたがことで受けドゥルヨトウミョンほしい。彼が考えがあったので、そのような言葉をしたと思う」と自分の考えを明らかにした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4792-fbf7142d

 | HOME |