韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.11.15.Tue

外だったキ・ソンヨン、中盤で一人苦労

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(27、スウォンジー・シティ)がウズベキスタン戦で中盤で一人孤軍奮闘し、相手の攻撃を阻止した。

ウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表チームは15日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で開かれたウズベキスタンとの2018ロシアワールドカップアジア最終予選第5戦のホームゲームで2-1で勝利した。これで韓国はテレビで勝ち点3を獲得しながら、勝ち点10で2位奪還に成功した。

W杯本大会直行機会がかかった重要な試合だった。韓国は試合前から観客席に「絶対勝つ」というカードセクションを準備するなど、勝利を目指して歯を食いしばった。シューティケ監督も「ウズベキスタン前の重要性はあえて強調しなくても知っているだろう」と切迫を再度刻印させた。

この日の試合でシューティせ監督は4-1-4-1フォーメーションを取り出した。イジョンヒョプをワントップに配置した、ソン・フンミンとク・ジャチョル、ナム・テヒ、チ・ドンウォンが2線で攻撃を助けた。キ・ソンヨンは一人守備的MFの位置に配置された。勝利が切実なほど攻撃的なラインナップを持って出たのだ。
しかし、韓国は前半序盤から守備陣営で杯ミスが出てきた、ウズベキスタンが守備ラインを引き上げ、積極的に出る慌て気配が歴然として見せた。守備のミスが頻繁になると、キ・ソンヨンが下に奥深く降り、積極的に攻撃に加担した。

キ・ソンヨンは前半15分、相手の逆襲状況でボールをキャッチアーメダドープにきつくついて圧迫し、5分後にも左サイドに殺到するショー室ドープとの衝突で押されず、相手の攻撃を事前に遮断した。しかし、守備のミスが足を引っ張った。前半25分ギムギフイのバックパスを受けるためにキム・スンギュがゴールを外した間、非リラックマエフがゴールキーパーキーを渡すシュート韓国のゴールネットを揺るがしたものである。

積極的に守備に加担していたキ・ソンヨンも仲間の選手のミスの前には、ソンスル方法がなかった。キ・ソンヨンは後半にも印象的な活躍を続けた。より積極的な任務を与えられたキ・ソンヨンは後半3分、強力なミドルシュートでウズベキスタンのゴールを二ささげ、後半09分には、ソン・フンミンを見て鋭いロングパスを刺してくれ攻撃の出口を開いた。
韓国は後半22分ナム・テヒの同点ゴールと後半40分磁鉄のゴールで逆転勝ちを収めた。二人の選手のゴールも印象的だったが、中盤で攻守に渡って第役割を正確にやり遂げたキ・ソンヨンの活躍も十分に輝いていた。中盤で一人苦労していたキ・ソンヨン、中原に線キ・ソンヨンが有毒孤独見られた90分であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4812-5823ceee

 | HOME |