韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.11.22.Tue

「鬼」のユク・ソンジェ"コンユ・イ・ドンウク、目つきだけ見ても自然に安らぐ感じ"

ユク・ソンジェ
'鬼」のユク・ソンジェ出演所感を伝えた。

グループビツビメンバーで俳優の育成材22日午後、ソウル論硯洞パティオナインで行われたケーブルTV tvNの新しいグムトドラマ「寂しくて、蛍光し神-鬼」(脚本キム・ウンスク・演出イ・ウンボク、以下「鬼」)の制作発表会で、1年2ヶ月ぶりにテレビ劇場復帰に対する負担感を表わした。

この日のユク・ソンジェは」ドラマ出演の負担感があったし、今もある。思ったより多くの方々が応援をたくさんしてくださって見守ってくれて負担感があった」と明らかにした。

ユク・ソンジェは続いて「撮影現場であまりにも先輩たちが気楽に演技希望だから、私も自然に溶け込んで挙げている。兄たち、姉の目つきだけ見ても、自然に快適になる感じがして少しずつ発展している」と付け加えた。

また、ユク・ソンジェはドラマの中鬼役の俳優のコンユ、死神役のイ・ドンウクとの呼吸についての質問に「期待しても良い」と答えて三人の男の「ブロマンスケミ」を期待させた。

続いてユク・ソンジェは三人の男の素敵な姿、かわいい姿、セクシーな姿を皆見られる」とし「個人的には死神ドンウク兄が一番かわいい」と耳打ちした。

「鬼」は不滅の人生を終了するには、人間の花嫁が必要な鬼、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失死神、そんな彼らの前に「鬼の花嫁」と主張している」死んでなければすることが運命」の少女が現れ、行われる神秘的なロマンチックな物語だ。12月2日初放送を始め、毎週金、土の夜8時放送。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4818-1d2e680a

 | HOME |