韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.11.22.Tue

「鬼」キム・ゴウン」「チーポイント」ホンソルと異なり、うまく表現する "

キム・ゴンウ
'鬼」キム・ゴウンこのホンソルとは、他のキャラクターを作ると覚悟を明らかにした。

キム・ゴウンは22日午後、22日午後、ソウル論硯洞パティオナインで開かれた「寂しくて、蛍光し神-鬼」(以下鬼、脚本キム・ウンスク演出このウン福)製作発表会に参加してドラマに臨む所感を明らかにした。

キム・ゴウンは生まれたときから普通じゃないと3受験生たタック役を担って共有と運命的なロマンスを演じる。「チーズイン・ザ・トラップ」以降次期作で、キム・ゴウンの演技変身が気がかりなことを加えている。
女子大生の高3受験生になったキム・ゴウンは「「チーズイン・ザ・トラップ」では、現実に近い人物の悩みをたくさんした。私の隣にすぐにあるような友達を考えた現実的な演技に対して悩んだ。今回の作品は、キャラクターが濃い。人物の性格などがシナリオのすべてにおいて、台本をよく沿って行けば良い」と話した。

キム・ゴウンは「幽霊を見る能力があるウンタクは「チーズイン・ザ・トラップ」ホンソルとは多くの他のキャラクターだ。ホンソルを飛び越えるは割と今回もよく表現してみるという考えで臨んでいる」と語った。

キム・ゴウンはまた、コンユの呼吸について」前作では常に良い先輩たちと作業することができて感謝した。今回もコンユ先輩と一緒にしながら楽しんで撮影している。私と性向が似ている。撮影中いたずらもたくさん打って本丘疹感もあって和気あいあいとした雰囲気の中で撮影している」と述べた。

恋人シン・ハギュンとの応援も慎ましくた。キム・ゴウンは「ドラマは体力の戦いだから健康管理もするように話を聞いた」と恥ずかしそうに話した。

「鬼」は不滅の人生を終了するには、人間の花嫁が必要な鬼、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失死神、そんな彼らの前に「鬼の花嫁」と主張している死んだはずの運命の少女が表示され、行われる神秘的なロマンチックな物語だ。

今年上半期「太陽の子孫」でシンドロームを起こしたスター作家キム・ウンスクとヒットメーカーイ・ウンボクPDの出会いという点とコンユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、ユク・ソンジェなどのキャスティングで大きな話題を集めた期待作である。「鬼」は、来る12月2日に初放送される。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4821-baa1de80

 | HOME |