韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.11.22.Tue

「中・サッド報復」痛み踏んで「鬼」に会ったユ・インナ

ユ・インナ
「回り回って私の席を探した。「

俳優ユ・インナは最近、一回痛みを経験した。中国湖南衛星TVドラマ「サンエ天使千年2:月明かりの下で交換」にキャスティングされて撮影分量の3分の2以上を演じたが、いきなり「ヒロイン交代」の通知を受けたのだ。ユ・インナは中国のサード報復最初の犠牲者に注目されながら、さらに大変な時間を過ごさなければした。

そんなユ・インナにtvN 10周年特別企画ドラマ「寂しくて、蛍光し神-鬼(以下「鬼」)」は、意味が格別しかない。

ユ・インナは22日午後、ソウル論硯洞パティオナイン3階グランドホールで開かれた「鬼」の制作発表会で、「デビュー初期某先輩が「それぞれの役割は、常に私たちではなく、神がくださる」という言葉をくださった」とし「中国で帰ってきて「鬼」を一緒にしてたが、回り回って私の席を見つけたようだ」と心境を明らかにした。

「鬼」は不滅の人生を終了するには、人間の花嫁が必要な鬼、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失死神、彼らの前に鬼の花嫁と主張している死んだはずの運命の少女が現れ、広がる話を描く。

「太陽の子孫」をヒットさせたキム・ウンスク作家とイ・ウンボク監督が再び意気投合した、ユ・インナはじめコンユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユク・ソンジェなどの人気俳優たちがキャスティングされて期待を集める。

鉄なしに住んで女性が世の中生きる最も便利という事実を早くから悟った単身鶏家の社長サニー役を演じたユ・インナは"キム・ウンスク作家とは「シークレットガーデン」と、一緒にした。台本が完璧で気楽に演技したことを思い出す」とした。

それとともに「直接演技してみ書かれてないかと思うほど楽に演技することができ、いくつかのキャラクターでも疎外たり嫌われないように台本をきれいに書いてくださる」と作品に対して強い信頼を送った。

ユ・インナの国内ドラマ復帰作である「鬼」は、来る12月2日から毎週金、土午後8時放送される。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4822-20955761

 | HOME |