「スケッチブック」20年目の妖精SES、美貌・歌・フン召喚完了

S.E.S
"最初のSパダ、第二Eユジン、第三Sシュー、こんにちはSESです。"

この挨拶を再聞くことができることです。SESが全盛期の頃と変わらない姿で帰ってきた。完全体でカムバックするならKBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」でというリーダーのパダの約束のままであった。

18日放送されたKBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」は、「3つの贈り物」というテーマで特集が行われた。そして、この日の特集の最後を飾ったのは、まさに14年ぶりのカムバックを知らせた「援助妖精」SESであった。

この日のSESは、代表ヒット曲「君を愛している」で初の舞台を広げ開いた。第1世代の援助ガールグループのびっくり登場に客席は驚いた反応を隠せなかった、SESやはり久しぶりの舞台にときめく表情でその時、その舞台を再演した。

最初のステージが終わった後、挨拶も昔のままであった。「最初のS「パダを始め 'のうち、E'ユジン、「最後のS」シューまで挨拶を終えた後、「私たちの衝撃的なルックスに驚くせる音楽性がない聞こえる室かと思って心配になる」は、パダの気の利いたコメントが続いて雰囲気を喚起した。

このように多くの人々に驚きと嬉しさをプレゼントした彼らのカムバックもリーダーパダの推進に進行されたという事実も知ることができた。パダは "以前に「スケッチブック」に出演した時怖いの約束をしていった。言っておいても守ることができないこともできるしたSESアルバムの準備を決定するとすぐに連絡ささげた」とし「ユジンとシューにひざまずいて仕えてきた」と明らかにした。

また、過去のいきなりの解体を選んだ理由については、「SESが出てきたSMとは、会社は、非常に明確な色を持っている会社なのですが、私たちは、社会経験もないから(イ・スマン)先生に外口径もしてみて帰ってくるとしたら、先生も「そう必要家良いことを知ら「言われた」とし「その言葉通り、再迎えてくださり、当社も世界の水ほど学び、成熟した姿で束になった」と述べた。

このようにホットな話術を誇るパダとは異なり、少し緊張した様子がうかがえるだったユジンは、「三人がスタイルが違いすぎる。という言葉が通じないとすれば、オバマと、むしろ性格が多違ってよく合った」とフッ化せずに友情を続けてくることができた理由を説明した。

彼らはこの日変わらない美貌と清らかな音色とダンスの実力で "妖精」のクラスを証明したが、実際には二人はすでに一人の男の妻であり、ウサギのような子供の母親であった。特にシューは息子イム・ユと双子の姉妹ラフイ、ラユルにメッセージを残すという言葉に「ママイェプニ?朝に目覚めたとき、お母さんがいつも妖精だったら良いだろう。本当に素敵なママの姿を見せてくれる。愛している "と言ってかっとしたように涙を流して見る人さえジーンさせた。

最後に、SESの夢を問う質問には「80周年コンサートを「スケッチブック」に出てきているのだ」と答えて、今後も三人完全体としての活動の可能性を大きく開い据えファンの期待を精一杯高めた。

SESは、この日「君を愛して」のほか、「ラブストーリー」、「Candy Lane」、「生きることだそんなことはないのかい」、「Just A Feeling」でアンコール舞台まで披露し、最近のガールグループに劣らない、いや超える食と美貌に「援助」の名前の値段を正確にした。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク