「セクションTV」ハン・ヘジン「ピンクル製の拒絶...後で後悔した」

ハン・へジン
俳優ハン・ヘジンがアイドルグループピンクルオーディションを除いたことを後悔したと述べた。

25日放送されたMBC「セクションTV芸能通信」の「スターティング」のコーナーにハン・ヘジンが出演した。

この日ハン・ヘジンは、ピンクルオーディションを拒否したという逸話について、「その時は「私は演技するのだ。歌手ないことだろう」とオーディションを拒絶した後にデビューしたピンクルを見て非常に後悔した」とし「デビューまで長すぎる時間苦労した」と明らかにした。実際に無名の時間を長く経ハン・ヘジンはドラマ「頑張れクムスン」で一躍スターダムに上がったケース。

ハン・ヘジンは15ヶ月の娘が、カーソルの動きをするようだと、「エネルギーが溢れている。本を見て投げつけること見れば勉強のほうではないようだ」と話して笑いをかもし出した。クリスマスには、夫キ・ソンヨンと娘と一緒にすると伝えた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する